ぷーら

It’s too sad to hear that my favorite chai & curry house, Pura, will be closing down, soon. Me and my friend from my Tibet days would help doing the wallpaper. The tiny red “take-out window” in Indian style is my work. They’re gonna be all gone… Sigh…

一昨年、長らくお休みしていた「チャイとカレーの店 ぷーら」が久々に再開した。それも、千本通商店街というシブイロケーションで。

ところがそれから一年半のこの3月に再びお休みとなるそうだ。聞けば、詳しくは書けないが、他人ごとながら腹のたつ理由によるものだ。微力ながら開店のお手伝いをしたのだから、なんとか力になれないかとも思ったけど、オーナーのみかるさんはサバサバとしていた。

鉄道の廃線や車両廃止の時だけ群がる葬式鉄のヤツらを軽蔑していたけど、みかるさんからの電話でカメラもってぷーらに飛んでいった。そういや誰かが、ホイットニー・ヒューストンが亡くなってから「I love you」って言うくらいなら、生きてるうちに愛しとけよ、ってTweetしてたな。。。鉄道もおんなじだ、普段から乗っとけよ。で、俺はぷーらを愛していたといえるか。。。 うむ、言える。と思う。。。 月イチも行かなかったけど、、、 少し愛して、長ーく愛してきたから。

まあ、ぷーらは単なる休業だし、しかも、次は元の織屋建町家の土間での再開を期しているそうだから慌てることはなかった。ただ再開時期は未定だそうだ。やっぱり休止までにあと何回かは行かなくっちゃ。

それにしても、もうすぐ寒さよけのビニールカーテンがとれ、あけっぴろげな南国風のぷーらが戻ってくると思ったのに、、、あの空間、雰囲気、実に勿体ない。(自分が作った「インド小窓」は我ながら気に入っているので、余計に今のぷーらには思い入れがあるのだ)

再開が決まればまた、ここでお知らせするつもり。

車僧御影堂

先日、ふと思いついて、太秦にある車憎御影堂へ行ってみた。はじめて来る場所なのに、京都市内なのに、なぜかその場所だけ、何十年か前のどこか遠くの田舎であるかのような懐かしい景色。

元の説話も謡曲も知らず、ネットのどこかで引っかかった一枚の御堂の写真が僕をその場所へ引き寄せた。

地図をたよりに路地のように狭い道を下り嵐電の踏切を越えてまもなく、ひょいと畑の向こうに御堂が見えた。冬の陽は早くも傾いていて、おんぼろデジカメにはキビシイ光量。何枚かはブレてしまった。(普段、カメラは持ち歩かない主義だ、とか何とか言ってるくせに、、、)

車僧(深山正虎和尚)とこの地にあった海生寺(海正時とも)についてはこちらが詳しい。

牛馬なしの破れ車を乗り回し、愛宕山の太郎坊天狗を打ち負かす怪僧(快僧?)の物語も面白いが、僕は純粋に御堂そのものに惹かれた。そして、自転車でたどり着いてみれば、果たして御堂は思いの通り小さく、そして不思議な空気を纏って佇んでいた。

ここは現在、太秦海正寺町と呼ばれ、上述の深山和尚開基の海生寺跡だという。表通りには下校する小学生の声が響いているが、御堂の周辺には人影も見えない。小一時間、周囲を歩き眺めていても怪しんで声をかける人はなく、詣でる参る人にも勿論出会わない。御堂の敷居にみかんが2つ無造作に供えてあるだけ。

可愛らしい御堂そのものの由緒、来歴を聞いてみたくなったが、いかんせん、誰もいない。今の建物を見るとそんなに古いものではなさそうだ。しかし、屋根には向拝が、左右の切妻の下には孫庇が張り出しており、また孫庇の下は妻壁よりせり出していて、かつその窓の左右に雨戸袋も付くという、小さい割に凝った造りになっている。背面にも正面の向拝と対称形の屋根の下に、おそらく内部では深山和尚像を安置する壁龕になっていると思しき張り出しがある。こうなると、内部も和尚像も拝観したくなる。9月の第一日曜日に御開帳があるらしい。

白壁に近づくと落書きがあり、そのひとつに「くるまあさんのうらにいくみち」、「こっち→」、「→」というの読める。道も何も、周りは畑なので、どうにでも行ける。それより「くるまあさん」という呼び方が面白い。この落書きをした子供固有の呼び方なのか、それともこのへんの子供たちは車僧をくるまあさんと呼び習わしているのか、、、聞いてみようにも、もう下校の小学生の声も聞こえなくなっていた。

いろいろと想いを巡らしているうちに黄昏が迫ってきていた。また来よう、次は9月かな、と思いつつ海生寺跡を後にした。

 

追記:

そうそう、車僧は「くるまぞう」なのか「くるまそう」と濁らないで読むのか。帰り道、御堂の裏の家からおばさんが出てきたので聞いてみた。「くるまそう」と言う。「くるまそうみどう」とも。急いでいる様子なので「くるまあさん」については聞きそびれた。

Карамазовが訛ってКурумазовになったという話は聞かない。

追記の追記:

2013年に再訪。
海生寺に住持していた深山正虎和尚の遺像の年に一度の御開帳に行った↓
https://www.facebook.com/koji.okamoto/posts/10201307030536880