英語資料 その後

英語のレッスンの教科書の使いたかった本が見つからず、仕方なしに記憶を頼りに「似たようなもの」を描いていたら、Facebookで友人が件の本を見つけてくれた。

1945年初版というから僕より年上。。。しかも絶版にならず今も売られている

『絵で見る英語 Book 1 改訂新版』
English Through Pictures Book 1
I・A・リチャーズ (共著)、クリスティン・ギブソン (共著)

なんと、CDの付録まで付いてるし!!!

これでやっと、手間のかかるイラスト描きから解放される!(でも、結構楽しかったな)

ちなみに、50年の隔たりからイラストのStickmanの容姿は僕の頭の中で相当に変貌していた、、、。ま、それはそれでご愛嬌。

50年経ってもはっきりと思い出す一場面がこれ↓。
クマから一目散に逃げる格好がおかしい。

http://www.ibcpub.co.jp/imgt/9784896842654.jpg
IBCパブリッシング(株)Websiteより

本の出だしはこんな感じ↓
なんと「English through pictures」というWebsiteもある。

英語資料 その2

日本語話者にとって普通の「それ」という代名詞が、英語の「it」では置き換えられないと中学校で習んだけど、みんなつい忘れてしまうらしい。

「これ」=「this」、「あれ」=「that」、しかし「それ」≠「it」

英語の人称代名詞「it」が面倒くさいのは、「それ」という中間距離のものを指す代名詞ではないけれど、彼とか彼女という性別を認識できない物(物体、動物など)を指す中性の代名詞であること。さらに、はっきりと目に見える物だけででなく、話者と聞き手(書き手と読者)の間で共有されている話題の対象(知識、概念、意見、思想、アイデア等々)をも指し示す。しまいには「何もない」ものも表すという、日本語では考えられないことまでやってしまうのだ。(”It’s raining.” とか”Take it easy,” の「it」は何も意味しない)

だからこういう始末に負えない「it」は、訳さずに直に状況を見て身に付けるのが良いと思う。

そう思ってわざと一般的な人称代名詞(he, sheなど)と分けてイラスト化していたら、それが出来上がる前にアメリカ人の友人から「『三人称単数中性』が抜けてるよ」と指摘が来た。

英語の資料

題名は忘れてしまったけど、中学生のときに手にした英語の入門書にはめっちゃシンプルなstickmanのイラストが描いてあった。絵と同じくシンプルな英語の単語や文が添えてあるだけで文法の説明など一切ない。米国の出版社の本だからハナから日本語も書いてない。目で見たことを訳さずにそのまま英語として理解し、身につけるのだ。これは良い。

これで勉強したところで学校の成績には結びつかないけど、本当に良い本だったので勉強嫌いの僕が分厚いペーパーバックを何度も何度も読み返したものだ。

今、英語を教える立場になってその本を教科書に使ってみたくなり、あらためてその本を探したのだけど、洋書の多い丸善など大きい本屋へ行ってもネットを漁ってみても見つからない。(誰か知りませんか? っても、50年も前の本が今も継続されているとは思えないしなあ、、、たしかロシア語やドイツ語、フランス語などのバージョンもあったっけ)

じゃあ、無いもんは自分で作る。とりあえず人称代名詞の格変化を、記憶をたよりに描いたイラストのstickmanで表現してみた。(未完成なので、まだまだ改訂予定)

わかるかなあ、、、





 

文机

大徳寺の某塔頭に住んでる知り合いが「捨てるのもったいない」と言って僕にくれた文机。天板の塗装が剥げ、焼け焦げやシミ、張り付いた紙などで汚れていた。あまりキレイにしすぎるのもなあ、、、でも使うにゃちょっと汚すぎる。

で、軽くサンディングして、花脊の家を直す時に使った残りのWATCOオイルを塗った。ほおおお、、、いい感じになったとさ、

めでたしめでたし。

さっそく秘密の屋根裏部屋に置いた。

ドントハレ

Return of Cinquecento

先週、クラッチの整備で車屋さんから戻る時、家に着く直前の急坂に差し掛かったら急にエンジンが止まった。とてもイヤな止まり方だったのでオーバーヒートを疑ったが、エンジンのニオイや熱にはその兆候がなかった。点火系かな?と何気なくディストリビュータに触れてびっくり!ぐらぐらになってる!坂道で車体が傾いたらディストリビュータもグラリと傾いて電気の配分が上手くゆかなくなるようだ。バックで転がして平らなところに停めたら、エンジンがまたかかった。。。(汗)

こういうことは普通、ありえない。水平なら見た目も機能も問題ないので車屋さんも気づかなかったらしい。とりあえずディストリビュータを仮止めして家まで戻り、何とか走り続けるまで感で調整したが、点火時期は大きく狂っているに違いない。また入院。。。

車屋さんもクラッチにかまけてディストリビュータが緩んでることに気づかなかったのに責任を感じたのか、今度は他のところも頼まないのに点検してくれた。そしたら、またまた問題が露見!チンクの旧式のエンジンはプッシュロッドという棒でタペットを突き上げて吸排気バルブを開閉している。ところが本当は0.15mmないといけないタペットクリアランスが0。やばっ!

あれやこれや診てもらって、やっと退院。おかえり〜。ていうか、迎えに行ったんだけど、めちゃくちゃ調子が良ろしい。さすが。

ディストリビュータの分解整備やポイントの研磨、タペットクリアランス、点火時期の調整などは僕でも時間をかけたらできるが、プロは仕事の速さと質が違う。なのに、色々面倒見てもらったうえに今回はサービスだって!申し訳ない。

整備語のエンジンベイ。下の赤茶色がディストリビュータ。上方の金属のキャップが付いてるのがタペットカバー。
グッド自動車の社長みずから診てくれる。
緩んでいたディストリビュータ(手前)と予備(奥)
数日間で退院してきたFiat 500

追記:
ディストリビュータ上部が緩んだ理由は、固定ネジにナイロンブッシュ入のロックナットを使わず、通常のナットだったこと。ここはスプリングワッシャーを入れないので、何らかの緩み度目が必要なのに、前のオーナーはどんな整備をしていたのだろうか。。。