「facebook」カテゴリーアーカイブ

こんなことしてる場合じゃないんだけど・・・

退っ引きならん用事で自分の最近の作品紹介をしないといけないことになったが手こずっている。だいたい、ここ数年まともにものを作ってない。そんで専門は「彫刻」ということになってるんだけど、変な楽器ばっかりだしなあ、、、

手っ取り早く、既にYoutubeに上げてある『バイダルカ・トンコリ』の動画を少し改変してみた。

もう3年も前のんじゃ「最近」の作品とは言えないなあ、、、。これを作った直後に旅に出て『オシラサマ馬頭琴』もこしらえたんだっけ。。。おお、あれも動画があったな。動画いじってるだけじゃ新たなモノを生み出さず、過去にすがりついてる感じがしないでもないが、、、

それに、オシラサマ馬頭琴という「作品」は旅で出会った人たちと「嵯峨さん」という演奏者込みなんで、そうなると自分ひとりの作品とは言い切れないし、、、

とまれ近作紹介用に写真多め(上)と、演奏ぎゃいんぎゃいん(下)のビデオ二丁あがり。(焼き直しだけど)

あ、とっとと仕事にもどらねば、、、

↓の冒頭の演奏はムックリ、トンコリ演奏家の長根あきさん。彼女の自作トンコリがジョージ・ダイソンのアルミニウム製バイダルカと共に、僕のバイダルカ・トンコリを作るインスピレーションになった。

この線路の向こうには何があるの?

フェリーの予約完了し、昨日はシベリア鉄道のウラジオストクからモスクワまでの切符もOK。ついでにヘルシンキまでの寝台列車も取れた。そっから先のフェリーと鉄道は出たとこ勝負。おそらくいっぱい選択肢があるはず。ヘルシンキもストックホルムも物価が高いので泊まる予定はない。まるまる11日間ぶっつづけで車中泊、船中泊、、、地球の大きさを肌で感じられるぜっ!

で、ふと思い出したのは、京都から境港までの切符の手配がまだだった。山陰線の鈍行乗り継ぎは大前提なんだけど。。。ちょうど青春18のシーズン真っ盛りだから、使い残しの1回分はいくらでも出てくる。さっさとネットで買わなきゃ、と。

そういや、去年の秋、秋田の角館で散々祭りを楽しんだあと、うっかり(吸い込まれるようにw)秋田内陸線に乗ってしまい、青春18切符回分使い残したんだけど、あれ、もったいなかったなあ。。。いやいやいや、そんかし山深い上小阿仁の八木沢まで行けたんだ。もったいなくあるものか。旅はああでなきゃ。

とはいうものの、今回のように行き先での予定が決まってる(つか、決めんと行けない)移動優先の旅の場合は、ふらりと鈍行途中下車とかできないし。。。とりあえず境港にたどり着き、フェリーの乗船手続きをすることが先決。なので、今さっき青春18切符一回分をヤフオクで落札したところ。。。

20日の早朝、JR二条駅から始まる鉄道の旅。その線路の向こうにはフェリー(日本海)があり、また鉄道(シベリア、欧州ロシア、フィンランド)があり、またフェリー(バルト海)があり、また鉄道(スウェーデン)があるのです。。。最後に鉄道を下りてもまだトナカイはおらず、あと数百キロはとぼとぼ徒歩(トホホ)。

Kungsledenの北の終点にある北極圏の町、Abiskoまでたどりつけたら、そこから列車で欧州最北の駅、ノルウェーのNarvikまで行こうか、、、それともさっさとストックホルムに戻って帰りの算段するか、、、(おおかた格安航空券で日本に舞い戻るのだろうけど、船でアメリカに渡るという手も諦めたわけじゃない。アメリカ横断して、太平洋も船で、、、なーんて目論んでる。だんだん現実離れしてきたなあ。。。)

E-Ticket-TransSiberia
ウラジオストク~モスクワとモスクワ〜ヘルシンキのEチケットクーポン。
2015-09-10 23.02.01
2015年晩夏、使い残した青春18切符

もひとつテスト投稿

さてプラグインがちゃんとはたらくか?

うーん、Wordpressのテーマを子テーマにして、投稿画面のレイアウトを少し変えてみた。コメントをどうぞ、なんてのが記事の下に移動したが、いかが?

牛乳石鹸よい石鹸♪

モォ〜 Moo

2016-08-11 12.28.07

Old lady and “Finding Vivian Maiyer”

Yesterday, I went down to the downtown, Kyoto, and came across a bit strange lady. She must be around eighty, holding a life-sized baby doll in her arm. I was standing behind her on a descending escalator in a department store. At the first glance, I thought it was a real baby but it didn’t take long to realize it wasn’t, for the combination of an old lady and a baby in a department store seemed just too bizarre to me.

While we went several flights down together, she  whispered something to the doll a few times, and I finally became unable to suppress my curiosity as we reach the ground level. “How cute!” I said over her shoulder from behind. She turned around to show her smiling eyes and the doll’s face made of cloth.

The old lady was not senile if odd. She explained to me that the doll had a battery built-in and it even talked: “Hi, my name is Takkun. It’s March, 22, today and the temperature is 17℃” and so on. The doll was purchased at the very department store six years ago, she added. Everything she talked about was reasonable and in order.

We chatted over the doll for a while and then parted. Less than ten steps away form her, I thought twice and headed back for her to asked for a permission to take a photo. She said OK and showed off her baby. There must be a big smile underneath the white mask as she was being photographed; she looked happy.

Nonetheless, I couldn’t  shake off the sad feeling derived from the situation that the lonely elderly person holding a robot baby was hanging around in a crowded department store. Someday in the future, I, too, might be seen in the downtown, holding my fake musical instrument, trudging on the street.

Five minutes later, just a couple of blocks away from the department, I was walking down the street. A movie poster caught my eye– it was of “Finding Vivian Maiyer”. I had virtually no idea about who the hell this Vivian Maiyer was, but in the monochrome poster, she was staring at me, holding a Rolleiflex  in her hands: the whole image of the photograph used in the poster was actually a reflection on the glass of a large show window or something.

I was on the way to a bookstore then, but the poster had changed my mind. I went to the movie theater instead, thinking I could go to the bookstore after the movie. Though I am not going to write about the movie here, I just want to say it was so overwhelming that I had little spare space left in my mind for books that evening.

Vivian Mayer shot well over a hundred thousand photos mainly of people on streets but she never had even a single exhibition. Question was; who did she want to show her tremendous amount of work to? I know the answer; the most understanding viewer of her work was herself but no one else, she certainly knew that. Unlike her, I am rather unprolific in terms of art work, but I can instinctively feel that I share the same kind of  mentality with her when it comes to making art pieces and the exhibition.

In Mayer’s innumerable photos, the old, often poor and in a miserable state, were the subjects. Towards the end of her life, she herself was living a life like those people in adversity in her pictures. Too sad, and I kind of sense that I might be following her steps.

I don’t believe in fatalistic reasoning. So I don’t see any rational relation between the lady with a doll and Vivian Maiyer. Even so, I find it interesting that I have bumped into them one after another.

old lady with her battery-driven baby
old lady with her battery-driven baby

 

poster of "Finding Vivian Maiyer"
poster of “Finding Vivian Maiyer”

 

hallway of make-shift cinema house (former elementary school)
hallway of make-shift cinema house (former elementary school)

 

movie pamphlet "Finding Vivian Maiyer"
movie pamphlet “Finding Vivian Maiyer”

野花南西陣茶店跡コンサート

NocananChamise060421-01
今回はチラシを撒かないので、以前に堺町画廊でのものを使いまわしです。手抜きですんません。

 

来る4月21日(木)に北海道の友人、嵯峨治彦さんと嵯峨孝子さんのユニット「野花南」のライブを、去年まで茶店だった西陣の極小町家で開きます。

野花南は、ご存知の方はご存知でしょうが、馬頭琴と歌と語りを織り交ぜて聴かせてくれるユニークなパフォーマンスで、札幌を中心に活動しています。
詳しくはこちら↓を御覧ください。
http://tarbagan.net/nocanan/profile.html
4月21日(木)夜7時スタート

予約はメールでおねがいします。
okaponkoji+nocanan@gmail.com

●お名前、
●人数、
●連絡先(電話またはメアド。ただし携帯メールはPCからのメールを受けられること)

をお知らせください。15人限定の「予約のみ」です。

折り返し確認の連絡を差し上げます。

料金がちょっと高く3000円です。すんません。。。m(_ _)m
そのわかりに、一昨年のオシラサマ馬頭琴の旅の最後に、出来たての馬頭琴使って嵯峨さんに演奏・録音してもらった5曲入りのCDをおみやげに差し上げます。非売品なのでちょっとオトクかもです。