Fiat 500(チンク)のワイパー と花背の家

2016-01-16 15.28.31チンクのワイパーが異常に遅い。一往復に10秒以上かかる。このままでは車検を通らないんじゃないか。

というわけでバラしてみた。ただでさえ燃料タンクの後ろに隠れて見えにくいワイパーモーター、前にデフロスターにブロアモーターを増設したのでボルト一本外すにもとんでもなくメンドクサい。

なんとか取り出したら断線が一本。外すときに切れたのかどうかはわからないけど、それ以外にもリード線のビニール被覆が経年劣化してボリボリと折れる。。。外した状態でテストしようとしたらいきなりショートしてフューズが飛んじゃった。リード線の劣化を見てしまったのでこのまま断線を直して使うのはあきらめて、別の部品を調達することに。

花背の家の修理に行くついでに、そのまだずっと奥の山中に放置されている赤いFiat500の所有者に許可を得て、めぼしい部品をいただく。死体から臓器 移植するみたいで赤いチンクちゃんには申し訳ないような、、、でも、そのまま朽ち果てるよりは、部分だとしても生き続けるんだからまだましじゃないか と、、、。(本当は人間の臓器移植について、同じようなことを言う人に対しては疑念というか抵抗を禁じ得ないのだけど)

2016-01-16 15.31.52

2年ほど前に、山奥の友人に僕のチンクチェントを見せびらかしに行ったら、同じ型の車が廃墟の中に置かれていると言われた。友人の家から歩いてすぐのところ。足場丸太と番線だけで組み上げられた見事な倉庫。長年放置されていて中の車どころか、巨大な倉庫そのものが崩落しつつある。実際、腐朽の進んだ丸太の下部が折れて座屈し、赤チンクの後部に被さっている。何かが落ちてきても怪我しないようにヘルメットを被って作業したが、丸太がなだれ落ちてきたらひとたまりもない。こわごわ、へっぴり腰での作業だった。

2016-01-16 15.29.44Mod 2016-01-16 15.31Panoramaで、肝心のワイパーモーターは、先日、別の部品を貰いに行ったときに燃料タンクを外しておいたのであっというまに取り外せた。ついでに、配線の一部とス イッチ、ヘッドランプ球、それに三角窓などもいただいてきた。赤チンクちゃんのボディーはもうサビが回りきっていて、手の施しようもない状態だけど、各部 品はそこそこ程度が良い。大切に使わせて頂きます~。

2016-01-16 14.50.51

その後、花背別所に戻り、家の修繕。ドアノブとロックの修理と板壁にカビのシミや子供の落書きがあり、ランダムサンダーで削り落とし。サンダーは重い。壁一面で腕がアガっちゃった。

2016-01-16 17.49.46日が暮れて帰り道、別所の村はずれの気温は-2度になっていた。

2016-01-16 19.15.09

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像を添付 (JPEG only)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください