応量器

知り合いから頼まれて、ある出版物の版組みと表紙のデサインをやっている。その中で使うイラストをデッチ上げた。

禅宗の坊さんが使う食器セット「応量器」の絵、2種類。(出版前にこんなところで曝してええのんかいな。。。まあ、僕の絵は賑やかしに使うだけで、本文でもないし、メインの挿絵でもないから大丈夫でしょ。知らんけど)

仏教の本来の教え(何が本来か?)では、食器は質素な鉄でないといけないらしい。漆、特に黒漆はその代用としてオッケーなんだって。黒漆には発色させるために鉄粉を入れてある。それで鉄って方便か。めっちゃ高価なのにさ。

で、絵の方はAdobe Illustratorでシコシコ描いた。始め、実物を借りてきて採寸したり、曲線ゲージで輪郭を測ったり、でも、図面を起こして実物を作るわけじゃないから、かなりテキトー。

出来上がった線画は、なんだかみすぼらしい。。。てか、線だけじゃサビシイ。なんか、葉物野菜の断面か、古代の三葉虫みたいにも見えるな。応量器-01Sこれじゃイカン、ってんで、もうちょっとリアルなイラストもやってみることにした。

できるだけシンプルにパスやシェイプを組み合わせて、黒漆の表面に映り込んだ空間が再現できないか。ペンタブ使わずマウスでクリックリック、スーイスイて、簡単にやっつける。(つもりだった。。。)

実物はもう返しちゃったし、撮っておいた写真は映り込みのこととか考えてなかったし、ネットで見ても下敷きにできそうな良い画像は見つからない。しかたなく、脳内で空間の再構築。曲面に映った歪んだ立体の景色を平面に変換していく。

スプーンの裏側のにように写る凸面はまだまし。皿の内側の凹面は反射が交錯してとっても無理(スプーンの内側に反射した画像は、距離によって上下左右が逆転したり、しなかったり、とっても難しい。。。丸一日、こればっかりやって、一番上のお皿1枚が表現できない。いくら描き直しても皿の上部が凹んで見えない。。。

と、うっかり違うシェイプの色を間違えて変更してしまったら、あら!おやまあ!なんとなく思っていたのに近い反射の描写になっちゃったい。

黒い円盤から始まって、返しちゃって手元にない応量器を思い出しながら、モニター画面の黒丸をジーっと見つめていたら、なんとなく、ここんところに天井が、こっちには壁と窓が、とイメージが湧いてくる。そんで、最後にふと気がついたのは、描いてる僕が映っていないこと。

そりゃ当たり前で、実物を見てないもん。エッシャーの絵に、彼が手に持った球体に映る自画像があったなあ。。。僕の場合、どうせでっち上げの空間だから観察者が写り込んでいなくてもいいのだけど、本物らしくするためにウソを描くことにした。ウソついでにカメラも構えさせてやった。まあね、絵ってのは所詮虚構の世界ですから。応量器Line2-01S応量器Line3-01S-01

追記と新しい画像↓↓

http://wp.me/p68xee-M8

不自由・不便な状態に

肩やら背中やら腕が痛いので、また頚椎の故障か?とMRI撮ったら、案の定、前回の手術で固定したプレートより一つ上の関節が潰れて、椎間板ヘルニア。

病院で、前に手術後に使っていたVistaというネックブレイス(首を支える装具)を着けたら少し楽になると言われたので、今、使っている。少しでも頚椎への負担を減らしつつ、「これくらいなら自然に治ることもある」というお医者の言葉にすがっている状態。。。

Vista を首に装着すると、借金なんぞ無いのに首が回らなくなるのはとても不自由だけど、前はこれにまだ右腕の麻痺まであったんだし、あまり文句も言ってられない。下も向けないので小便する時西洋便器に的が絞れない。こぼしても掃除もできない。女性のように座るのが安全だな。ともあれ、生活は不便になっても、痛みが減ったので良しとしよう。

2015-12-18 21.39.48Mod

早寝早起

一昨夜の夜更かしがたたって昨夜は早寝。

したっけ、今朝は夜明け前に目が醒めた。

寝床の中でゴニョゴニョしながら起き渋っていたら、南東の空が白んできて綺麗だったので手元のiPhoneでパチリ。

で、二度寝。

2015-12-07 06.29.02 HDRMOD2015-12-07 06.29.31 HDR