okamoo のすべての投稿

熱気抜きのため、最上階に換気扇設置

三階の階段を上り詰めたところ、すなわちうちの家の中の一番高いところに換気扇の設置。

換気扇稼働中

熱い屋根裏部屋(階段上右手ドア)の空気もいっぺんに掃気してしまおうという魂胆だけど、完成前に熱気で倒れそうだった。しかも、工具は地下二階の作業場だから、やってるうちに必要なものを取りに下りなきゃなんない。5階建ての最上階から最下階へ、そんでまた最上階へを、今日は何回往復したことだろう。。。

くそ段取り悪い、、、それも暑さの所為だ!

関係ないけど、昼間に一休みしてテレビつけたら猛暑注意の文字が画面の周囲にデカデカと出たまま夏の甲子園やってた。夕方になってその文字は消えたけど、こんなときに野球、アカンやろ。ナイターと早朝に振り分けたらええのに。

話を換気扇に戻す。暑くて工具を持つ手が震える。高い位置なので無理をして、変な角度で手を使おうとすると痙攣、ていうか攣(つ)った。右腕も左腕も脚も攣る。階段の最上部で椅子の上に立っているから、ぶっ転ぶと死ぬな。。。とか思いながら、なんとか暗くなる頃には完成。

ま、これで快適さはうんと増す。

しかし、一階に天井ファン二階に天井ファン、そんで今度は三階に換気扇、、、下から順に受けにぶち抜く、ちょっと変わった趣味が自分にはあることが判った。

Fiat 500 メインスイッチ(キーの頭)改良

チンクの後部座席にときたま人を乗せるが、フロントシートがバケットタイプで背もたれが倒れないから、同乗者は前席の間のセンタートンネル上を通過することになる。

前オーナーの趣味でメインスイッチがちょうどそのセンタートンネルの上に移設されていて、後席への出入りでうっかり踏まれたり蹴られたりしたら真鍮製のキーはひとたまりもなく折れてしまう。

もしもキーの先だけが折れ込んだらエンジンのオン/オフがでいなくなり、路上でにっちもさっちも行かなくなる。そこで足に引っかかりにくく、たとえうっかり蹴られても折れないようなキーの頭を考えた。

で、出来上がったのは、キーの頭がうんと幅広く(平べったく)、しかも高さは抑えて、ちょうど昔のテレビについていたチャンネルのダイヤル(ガチャガチャ回すやつ、と言うても今どきの人は知らんやろな)のようなものになった。

つまみの脇にはイグニッションとは別になっているドアキーとエンジンフードのキーも納まるようになってるし、傘の柄のように突き出したメインのキーの先も折り畳めるようにして、使わないときにうっかり折らない工夫も、、、

が、車から離れるときに直径6cmもあるものをポケットに入れて持ち歩くのは面倒だなあ、、、まあ、キーをつけっぱなしにして車から離れても、変な場所にあるけったいなダイヤルがメインスイッチがだとは誰も思わないだろうけど、、、

ていうか、こんなことをブログに書いちゃったら盗んでくださいと言わんばかりだな。あほちゃうか。

注意:キーをつけっぱなしにして、盗まれた車が事故を起こしたらオーナーの責任も問われるとのこと。真似しないようにね。

使用状況の動画↓

製作過程↓

Fiat 500 夏バテその後

チンク嬢が全く動かなくなって、その原因が始めは暑さによるコイルの故障と疑ったが、すったもんだの挙げ句にコンデンサーだと判り、無事エンジンがかかるまでの顛末は先の投稿で述べた。

元のコイル不良は濡れ衣だったが、ハーレー・ダヴィッドソン用の2気筒同時点火コイルに替えた結果、エンジンルームがスッキリしただけでなく、ディストリビューターが不要になり故障や不調の原因が僅かながら減った。さらに、気持ちエンジンの回転がスムーズになったような、力が出るようになったような、、、

よしっ!これで直った・・・ と思ったのもつかの間。次々と異常が発生。 続きを読む Fiat 500 夏バテその後

Fiat 500 夏バテ

先日、炎天下の街なかをチンクで走り回り、お山の家まで登って帰り着いたとたんにエンストして、その後はウンともスンとも言わなくなった。いや、正確にはスターターモーターはグイングインと回るが、点火プラグに火花が飛んでいないのでエンジンはかからない。

点火コイルとハイテンション・ケーブル、ディストリビューター

熱に弱いコイルが怪しいと睨んで、どうせだからハーレー・ダビッドソン用の同時点火コイルに交換。ついでに傷だらけでこれも怪しいハイテンション・ケーブルも取り替え。しかし動かん。

ハーレー・ダヴィッドソン用の2気筒同時点火コイル

同時点火なので用事のなくなったディストリビューター内部のポイント周りをあれこれいじってみるが、それでもダメ。

ハイテンション・ケーブルを取り去ったディストリビューターキャップの穴を、パイプ椅子の椅子の足のキャップで塞いだら、何かカワイイ

いろいろ分解を進めるうちに、見たくもないものがあれこれ出てくる。一番驚いたのは、ディストリビューターの中からワイヤブラシの毛(針金)が出てきたこと。前のオーナー、何やってんねん!すわ、こいつが原因かと思ったが、そうでもないらしい。(こんなのが振動で暴れたら一巻の終わりだったが、、、)

なんかワイセツな毛のように縮れておりますが、ワイヤーブラシの鉄線

バッテリーからディストリビューター、コンタクト・ブレーカーのポイント、コイル、高圧ケーブル、点火プラグ・・・と点火系の配線にテスターを当て、部品と取っ替え引っ替えすること数時間。

結局、一番外側に付いていて、ネジ1本外せばチェックできたコンデンサーだった。こいつがパンクして機能していない。。。こいつ、ポイントの火花を抑えて焼けと摩耗を防ぐ働きをするはずが、どういうわけかプラグの火花を飛ばなくさせてしまってる。

交換したコンデンサー(茶色いディストリビューターキャップの下)と死んだコンデンサー(手前)

1個数百円の安い部品だけど、コンデンサーの容量が判らない。まあ、純正部品は安いけど注文してると時間がかかる。おっと、古い予備エンジンのディストリビューターにも付いていた。なんか、こっちは純正じゃなさそうだけど、前はこれで動いてたから当面使えそう。

見た目は正常だけど、ダメなほうの純正コンデンサー

やっとエンジンがかかったので、仮組みしていた点火コイルを本格的に車体に取り付けるための台座を製作。ホームセンターで売ってる幅広のL形金具の穴を広げて塗装。

あまり美しくないが、ハーレー・ダヴィッドソン用の点火コイルがピタッと付けられる

エンジンルーム内に取り付け、配線を復旧した。

ハーレーのコイルは思ったよりでかい、がディストリビューターとコイルを行ったり来たりの高圧ケーブルが減って幾分スッキリした。

で、めでたく修理完了!エンジン、ブルンブルン回るぅ〜(うれし)

しかし、チンクお嬢はそんなに素直じゃなかった。(いやこれでも相当手こずったんだけど、エンジンが掛かって、もう直ったと思ったのが甘かった・・・ 長くなるので、続きはまた今度。ふう、、、)

菜箸のヒモ

かねがね台所で面倒くさいなと思うことのひとつに菜箸のヒモの巻き付きがある。こうなると一旦箸を休めて巻き戻さないと次に進めない。そのうちなんとかしようと、ある程度のアイデアは持っていたんだけど、まあそれを実行するのもまた面倒くさい。。。

と、そこに、たまたま知り合いがそのことをFacebookに書いて、やはり困っているようだった。温厚な彼は、というか世の中の殆どの人がそうであるように、長いものには巻かれよ、否、菜箸のヒモには巻かれよ、とガマンと折り合いの人生を選択したようだった。

残念ながら僕は残り短い人生の時間をこれ以上菜箸ヒモの巻き戻しに費やすることはできない、とこれを機会に「面倒くさい」を返上して菜箸大改造に取り掛かることにした。

キリで菜箸の頭(尻?)に穴を開け、もとから付いていた玉鎖を外し、その端を突っ込んで瞬間接着剤で固めてやった。

しめしめ、思惑通り!

ウチの菜箸はヒモではなく、捻れにくい玉鎖(ボールチェーン)だけど、普通の糸や紐でも捻れは巻き付きよりはマシで、使用後に吊り下げたら巻き戻るから、あまり問題にならないと思う。