遅まきながらアマビエ

先日、表で用事をしていたらご近所のBさんが通りかかった。少し話をして別れ際に「こんなの作ったんですけど、、、差し上げます」と、陶製のアマビエ像をいただいた。

2016-06-25 21.28.39清水六兵衛のところで仕事をしていたこともあるBさんは自宅に窯を持ち、そのための増築も自分でされた陶芸作家さん。僕は以前、オシャレなGalleryサラ(大津、北比良)での彼の個展にお邪魔したことがあるが、Bさんご自身の性格そのままに、奇を衒わない、でも味のある作品が多かった。中でも可愛らしい小さな干支の動物たちや、木の格子に嵌まった素朴な仏などが僕のお気に入りだった。

そんな作家さんから直々に作品をもらうなんて、、、しかも、個展で見た動物たちのような可愛い小像。いい感じ!ラッキイ~

玄関のドア枠上部に置いてある「鍾馗さん」(と僕が勝手に思い込んでいたけど、実は毘沙門天。ガチャガチャか何かのオモチャのフィギュア)と並べて厄除けになってもらおうか、と思ったが、微妙なはみ出し方で陶器だから落っこちたら一巻の終わり。

で、しばらくは、玄関に置いてある『五体投地人形マニ車』の上で居候してもらうことにした。

 

 


Macのソフトウェア・アップデート失敗の矯正

Macの「システム環境設定」ドックアイコンに赤丸が付いていて、ソフトウェア・アップデートが利用できるアップデートがあると言ってくる。

じゃ、お任せね、と進めていくと「ほかのアップデート」である「iLife」をダウンロードしようとするのだけれど「ファイルが壊れていてできないから破棄した」となってしまう。思い出せないけど、ここ数ヶ月どころじゃないずっと以前からこの調子。スクリーンショット撮り忘れたので、似たような画像(この場合、iTunesに問題がある)を貼っておく。

ていうか、iLifeなんて使っていたっけ?調べてみたら既にインストールしているGarageBandやiMovie等を統合したスイートらしい。そういやiMovieを立ち上げようとしても途中でダウンしてしまう症状がここんとこずっと出ていた。ひょっとしたらこのiLifeのアップデートをパッチできてなかったからか?

GarageBandもiMovieも最近はとんと使わないけど、アンインストールしてしまうのももったいないという貧乏根性。かと言ってずっとアップデートに失敗し続けるのも気分が悪い。そんでまた調べてみた。

すると「ターミナル」でアップデートの状況を調べたり強制的にアップデートさせるコマンド「softwareupdate」を実行してみる、というのがあった。-dと-aのフラグでアップデートに用意されているものをすべてダウンロード。

sudo softwareupdate -d -a

Password:
Software Update Tool

Finding available software

Downloading iLife サポート
Downloaded iLife サポート
Done.

やっぱiLifeのサポート。これで今一度ダウンロードできたので、続いて普通にインストールしてみる。

sudo softwareupdate -a -i
Software Update ToolFinding available softwareDownloading iLife サポート
Done.

Error installing updates.

なんじゃい。やっぱダメ。じゃ–forceで強制的にやってみる。

sudo softwareupdate -a -i –force
Password:
Software Update ToolFinding available softwareDownloading iLife サポート
Done.

Error installing updates.

それでもダメか。。。

softwareupdateコマンドのヘルプに「–dump-state」で/var/log/install.logに状況が吐き出されるとある。

で、install.logを覗いてみたら、「iLifeMediaBrowser_215.pkg」というファイルをダウンロードしてインストールしようとしているらしい。既にダウンロードされたファイルへのパスも書かれているがディレクトリが無かったり、管理者でもアクセス権の無いフォルダだったり。。。まあ、ファイル自体が元から壊れてるんだからこれは捨て置く。

記述の中にダウンロード元のURLがあるのでダメ元でそれをブラウザにコピペしたらなんとかダウンロードが始まった(こういうのって普通の人がやっても、お高くとまってるAppleが許さないこともある)。

http://swcdn.apple.com/content/downloads/29/34/041-88099-A_S1MAC4TY4L/ds3jxqea3w7o90jdvzkjhywvirr6dn4puc/iLifeMediaBrowser_215.pkg

首尾よく保存もできて、.pkgファイルを展開するとインストールが始まった(管理者で実行するのを忘れたが問題ないようだ)。

無事にインストール終了!

試しにiMovieを立ち上げてみたら、

ってのが出てきて、アップデートされているのが確認できた。。。つぅか、iMovie立ち上がってるじゃん!!!(いつからぶり?)

もっかいシステム環境設定のドックアイコンを見たら赤丸が消えて、、、いない!(汗)

・・・あ、それはMac OSの「Catalina」へのアップグレードを促すものだった。(これをやると古い32bitアプリが動かなくなるのが嫌でMojaveのまま運用中)。それ以外のアップデート情報は無くなってるから、積年の「iLife壊れてますけど」問題は霧散したのでありました。

めでたしめでたし、どんどはれ!


他人のYoutubeに勝手に出演

鞍馬から花背峠に至る途中に、百井別れという酷道477号線がV字カーブする部分がある。回転半径の大きい四駆などは一発で曲がりきれず、切り返さないといけないほどの難所。それも、国道から脇道に逸れるのならわからないでもないが、一本の国道上にあるカーブだ。ここから百井という数軒しかない集落まで軽四ですら離合の困難な、ほとんど林道と言っていいような山道。

先日来の豪雨で鞍馬⇔百井別れの間が土砂崩れによる通行止めになり、花背に住んでるのに運転が拙い知り合いが、この難所のカーブから百井を経由して大原、京都市街地方面に出たい、と動画で下調べをしていたら、、、


Youtube Inocchi Vlogより無断拝借 Inocchiさんありがと。


安物ヘッドセットのトラブル

友人とSkypeやった後に、なにげに鏡を見たら耳やその周辺に海苔のカスのような欠片がいくつもくっ付いていた。最近、海苔は食ってないし、何だろうと手にとって見たら、さっきまで被っていたヘッドセットのパッドの偽レザーから剥がれたビニール系の皮膜だった。

買ってから何年も経ってないのにこのありさまかよ?百均の安物だったら諦めもつくが、気分わるいな、、、。と、ふと椅子の背もたれを見たら、カバーがわりに使っているチーズクロス(ガーゼ)が目に入った。これを耳あて部分に被せてやれば剥がれ落ちるカスも気にならないし「耳触り」も良くなる、、、はず。

善は急げ。どこで貰ったのか忘れたけどチーズクロスは掃いて捨てるほどある。今回は、椅子の背もたれカバーに使った後、選択してぐだぐだになっているものを使った。このほうが柔らかいし。

 

元々、折りたたまれていて数枚重なったチーズクロスをそのまま正方形に切り、耳あてに被せ、荷造り紐で縛り付けた。紐とガーゼは隙間に押し込んで、はみ出た余分を切り取り、切り口をまた隙間に押し込んで完成。

かけてみたら非常に心地よい。もとより音質なんぞ関係ないので、これから夏には汗で濡れたり蒸れたりしないのが一番!

めでたしめでたし、どんどはれ!


マウスのチャタリング修理

チャタリング(接点異常でマウスボタンを押すとダブル/トリプルクリックのようになる現象)が起きた無線マウスをもらったので修理してみた。

裏側の摩耗状態から使用時間は少なそうなのに、、、案の定、使いにくい。チャタリングもそうだけど、左ボタンは強く押し下げないと反応が鈍い。で、やっと反応したら単に選択したつもりのファイルが開いてしまう。ファイル名をシングルクリックで変更することもできない。

以前に、長らく愛用しているLogicoolのM500という有線マウスのチャタリングを直したことがあるが、あれはマイクロスイッチの交換というハンダ付けを伴う本式の修理だった。今回は、マイクロスイッチの内部に発生したカスやゴミを「接点復活剤」のスプレーで洗い流して清掃するだけにとどめた。これならネジ回し一本で事が済む。(実際は、スプレーはもちろん、ピンセットやカッターナイフなども要るのだが、、、)

やったことは以下の順序:

  1. マウスのスイッチをOFFにして、裏蓋を外し電池を抜く。
  2. マウス裏側前方の一番大きいソール(滑り)を剥がす。(剥がし始める取っ掛かりに注意)
  3. 電池ベイのシールを半分剥がして下にあるビスを露出させる。
  4. マウス裏側に見えているビスを5本すべて外す。
  5. マウス上部のカバーを外し、コネクターを抜く。
  6. 左クリック側マイクロスイッチのカバーをこじて外す。(フックのキャッチ折れ事故発生)
  7. 内部が露出したマイクロスイッチの回りをティッシュペーパーで養生して接点復活剤を吹き付け、溢れたスプレー液を拭き取る。
  8. マイクロスイッチのカバーから白い押しボタンのプラ部品が脱落しないよう、テープで留める。
  9. マイクロスイッチカバーをマイクロスイッチに被せる。
  10. 以下、コネクターとボディーカバーを復旧し、ネジ留め、シールとソールの貼り直しで作業完了。

2番めのソール剥がしには、固く固着した両面テープを上手くマウス側から分離するために、縁取りが切り欠いてある「取っ掛かり」部分から尖ったものを差し込んで剥離し始めるとよい。

尖った道具を縁取りの切り欠きからソールの下に差し込んで剥がす

6番目の「事故」とは、元々分解することを想定していないマイクロスイッチのカバーを引き剥がすときに、フックの受けがひび割れてしまったこと。ゼリー状の瞬間接着剤をボタ盛りして対処。

さて、ファイルアイコンをクリックしても選択されるだけで、うっかり開いてしまうということは無くなった。ファイル名の変更もクリックで受け付けてくれる。使用頻度の少ない右クリック側と比べて左側はスプリングが若干ヘタっている感は否めないが、実用に不便はない。いよいよヘタってきたら、左右のマイクロスイッチを入れ替えるか、新品部品に交換すれば良い。(ハンダ付けがメンドクサイから今はやらないけど、、、)

メデタシメデタシ

あれはどんどはれ!