FIAT 500 せっかく右ハンドルなのに、、、

頼まれ仕事を抱えていて、納期がはっきり決まってないのを良いことに明日延ばしにしているのだけど、いよいよ放っておけないな、、、と思い始めている。が、そういうときに限って現実逃避の面白い作業を思いついてしまうのだった。

結論を先に言うと、FIAT 500のコラムスイッチを「日本風」に右手で操作するように改造してやったのだ。(作業内容だけ読みたきゃ、以下をすっ飛ばしてここからどうぞ

改造前。左ハンドル用コラムスイッチ。(上下が逆)
改造後。右ハンドル用コラムスイッチ。(上下が逆)
● 右ハンドル外車とコラムスイッチ(ウインカースイッチ)
チンクの電気系統

最近、チンク嬢はご機嫌がよろしい。長雨の後に残暑がぶり返し、空冷の彼女にとっては嬉しくない今日このごろだけど、コロナ禍で出歩く機会が少なく、走る機会が激減しているからか?

もう随分前からワイヤリングハーネスは買ってあるんだけど、、、

あまり走らない今なら、ワイヤリングハーネスの全面取り替えのチャンス。ただ、暑すぎてやる気ゼロ。(その前は、2週間続いた雨が言い訳だったし、そのまた前は、暑かった、、、)

2016-01-19 21.55.28
これ、アカンでしょう!(ま、承知で買ったくるまだけど、、、この8年間でこれが原因で火事になりそうになったことは、1回しかない。。。あるんかい!w)
これは古い写真。今はもうこの御札もないので、早いとこ配線を替えるか、愛宕山に登って御札をもらってくるか、、、

酷い配線は別として、エンジンなどは快調の中、唯一グズるのがウインカーとライトを制御するコラムスイッチ。元々くたびれて摩耗によるガタが出てるうえに、それを何とか調整しようとしてバラシかけたら、中からベアリング玉とバネがビックリ箱みたく飛び出すという漫画みたいな事故が発生し、どこかへ飛んでいってしまい見つからない玉とバネを、ベアリングから外した鋼球とボールペンの中のバネで代用してあるので、どうも「節度感」が乏しく、ライトのHigh/Lowがカチッと決まらない。

まだ壊れるほどクタビレてはいないけど、そのうちワイヤリングハーネスを交換する時にはいっしょにコラムスイッチも取っ替えようと、新しい部品を入手した。で、コラムスイッチ見てたら色々思い浮かんでくる。(てか、電線交換の方が先なのに、ここでもプライオリティ無視の現実逃避だな、、、)

外車あるある

右ハンドル仕様が用意されているのに、コラムスイッチまわりが左ハンドルのまま、というやつ。つまり左側の運転席がそのまま右へスライド移動しただけ。ペダル類はこれで全然かまわない。ていうか、アクセルとクラッチ、ブレーキのペダル位置が入れ替わったりしたら怖いがな。でも、ヘッドライトのライト上げ下げやウィンカーの点灯は右ハンドルの場合、やはり右手がよろし。街でエラそうな外車が交差点の手前でウインカー出す代わりに、雨でもないのにいきなりワイパーを動かしてるの、見たことどこかであるかもね。乗りなれない外車を運転するとほぼ全ての人がこれをやらかす。高級車を日本で売るんだったら、メーカーもレバーを付け替えるくらいのことできるだろうに。欧米の横柄さか?

 

といつも思っていたが、どうやら、ISOの際規格でウインカースイッチは左手操作と決まってるらし。しかも、それは右ハンドルのイギリスでも適用されるのだとか。旧大英帝国のインドやオーストラリア、ニュージランドはどうなってんのか知らんけど、ともかくヨーロッパではウインカーは左側。なら、もう日本もそれでエエやん、てな具合なんだろな。(ISOに準拠しない日本は顧みられない、、、って、やっぱ欧米の横柄や)

もっとも、僕自身はアメリカでの運転歴がそこそこあり、思い起こせば初めての自家用(っても母のを借りてたの)はFIAT 850 Sport Coupeだったし、今のチンクに乗り始めてもう7〜8年経つから特段不便は感じない。ただ、うちの右ハンドル仕様のチンクの場合、いかにシンプルとはいえコラムスイッチに加え、ダッシュのスイッチ類とトランスミッションのシフトレバーなど全てが左手操作。走行中、右手はハンドルを握る以外に仕事が何もない(ちなみに、ライトのオンオフも、ワイパーも、ハザードも左手側。走行中じゃないけど、イグニッションをONにするメインスイッチも、スターターのレバーも、チョークレバーも左、、、ほんと徹底的)。このままでも不便を感じないし誤操作もしないけれど、やはり作業を両手に分散するほうが良いんじゃね?

● コラムスイッチの改造
とりあえず図面

妄想だけしてるより、具体的な絵を描いてみたら俄然やる気がでてくる。昔から、欲しい物があると絵に書く。絵に書くと手に入ったような気がする。しかし、二次元の幻影でしかないのですぐ我慢ならなくなる。買えなきゃ(あるいは買ってもらえなきゃ)自分でこしらえる。子供の頃はせいぜいが3次元の模型を作る。。。というようなことで欲求を昇華していた。ま、それが高じて彫刻(3D)で大学院まで行っちゃったんだけど、世の中、何の技術が役に立つかは判らんもんですわ。それはともかく、、、

大人になってからも同じようなことを繰り返している。違いは模型ではなく「本物」を作ることもある、ということ。そんで今回はコラムスイッチと。

ColumnSwitch_LHDtoRHDのコピー
レバーの方向入れ替え問題

ということで、入手したのがこれ。半世紀も前のクルマの部品が今でも生産されていて新品が買えるのだから文句は言えないが、お世辞にも良い作りじゃない。大昔のプラモみたく盛大にバリがハミ出しているし、レバーのクリック感が右と左で違う。ま、バリは削ればいいし、クリック感は当たりが付けば直るだろう。プラスチックを侵さないシリコングリスをそこここに吹き付けておいた。

左ハンドル用のスイッチレバー

さて、左側にあるウインカーレバーとヘッドライト切り替えレバーを右側に移すには、単にハンドルポストの軸の周りをぐるっと回転させれば良い(180°ではないことに注意:例えば時計の10時の位置から2時の位置へというような感じ)。しかし実際にやるとなると問題は:

  1. ウインカーの指示方向とレバーの操作方向の整合性
  2. ライトのハイ/ロー/スモールのレバーポジション
  3. コラムスイッチが回転しないように留めている「キー」

であるが、以下のように解決。

1、今回は鏡像のような移動ではなく、ウインカーレバーをハンドルポストの軸周りをぐるっと時計回りに回転させて移動する。ウインカーレバーの操作方向は部分回転であり、レバーの位相が右手側に変わっても矛盾は生じない。(つまり、ハンドルを切る方向にレバーを動かすことに変わりはない)

ウインカースイッチ(左から右へ)

2、オリジナルのヘッドライトレバーポジションは(FIAT 500オンラインマニュアルWiki参照)下から上に向かって移設すると上下が逆になる。しかし、僕の個人的な感覚では逆になった方、つまりレバーボジションの真ん中がロービームで、レバを上に動かすとハイビーム、下にするとスモールの方がしっくり来るのだが、どうだろう。ハイが上、という直感的操作がしっくりくる

ヘッドライトスイッチ(左から右へ)
コラムスイッチをステアリンポストに固定する「キー」(金属部分の出っ張り)

3,レバー操作でコラムスイッチが供回りしないように固定するキーがあるので、素のままではスイッチ全体を回転させてもハンドルポストに差し込めない。キーは短い金属バイプをプレスして作ってあり、パイプは全体がプラスチックでできたコラムスイッチ先端に嵌合してある。キーを回すためにパイプを加熱し、プラスチックを柔らかくして外すことにした。プラスチックが変形しないよう内径にピッタリのアルミパイプを差し込んで作業。そのためかヒートガンでは熱が足りず、最終的にはガスバーナーで炙った。元々、高温で嵌め込むときにプラスチックが溶けてパイプに粘着していたらしく、相当溶けるまで動かない。今回は内部の様子見でパイプを抜いてみたが、熱してプラスチックが溶け始めたら、そのまますぐ捻って位相を変えても良いかもしれない。

回転止めのキーを回転させる作業↓

まだある問題

キーの移動でもう一つ問題がある。それはコラムスイッチ全体を右側へ回転させると、スイッチの胴のカバーが上下逆になり、しかも回転は180°ではなく154°しかないので、本来はカバーの真下で見えない固定ネジの頭が変な角度で露出してしまうこと。さらに、カバー自体は円錐台に近い回転体なのだが、先端だけ上面が平べったくなっていて、この部分のネジとは180°の位置で、やはり斜めって見えてしまうこと。この解決には一旦捻ったカバーをもう一度154°戻すことで、あたかも何も無かったかのような顔をさせる必要がある。(そしてそれは以下のように結構な作業量を要した)

カバーの中にはカバーが動かないようにするためのキー(上のキーとは別)が2ヶ所ある。これらを移動するのに行ったのは:

  1. 先端に近い方のキーを本体から切り取り、−154°の位置に移動してエポキシパテで接着。
  2. レバーに近い方のキーは動かさず、代わりにカバー側のキー溝(キーシート:この場合は溝ではなく「受け」)を削り取り、1と同じようにカバーの縁に沿って移動したところにエポキシパテで新たに溝を構築

という作業。

1、薄刃の導突鋸で出っ張りを削ぎ落とした。樹脂の正体が判らないのでエポキシパテがくっつくかどうか心配だったが、下地を荒らしてやれば、今のところ接着できているようだ。

2,同じく、エポキシパテの接着性に不安があったので、カバーの外側からパテのブロックに向かってビスを打っておいた。パテのブロックが完全硬化する前にカッターナイフやノミで整形。使い残しのエポキシパテはうまく混合せずムラができたが、強度は要らないし、見えない場所なのでOK。(とか言いつつ、黒く塗って恥隠しする姑息なことをした)

完成

まだ取り付けていないが、スイッチの接点や機構部分には手を加えていないので問題はないだろう。

完成予想図(Photoshopped)

BeforeとAfterの画像を比較してみ?W

右ハンドル、左手側コラムスイッチ(オリジナル)
右ハンドル、右手側コラムスイッチ(移設後)

手袋の中の何か、、、

Fiat 500 のエンジンマウント、というか正確にはギアボックスのサポートがずり下がっているような気がして、思い切ってジャッキアップ。

潜り込んで見たら、やはりボルト・ナットが長穴の一番下に。先日来、なにかギシギシという音がするので、これかもしれない、、、と、締め直しをしたのだが、結局、異音は直らなかった。ま、少々ズリ下がっていても、それを引っ張り上げても、性能や機能にはあまり関係がなさそげな場所ではある。

「ウマ」(ジャッキスタンド)をカマされたチンク嬢は、四つん這いで尻を高く上げたような、何かちょっと恥ずかしい格好。僕は仰向けになって後ろの方から下に潜り込んで、人間の躰で言えば下腹部に当たる場所をゴニョゴニョいじる、、、と書くと語弊があるが、時折すぐ傍を通り過ぎる近所の人たちはこれをどう見ていたんだろう。

ま、結局、炎天下の作業は何の結果ももたらさなかった。ただ淡々とネジを緩め、また締めただけ。ふう、、、。

途中で一度、ギアボックスとサポートのホルダーの間に敷くゴムシートと工具を取りに家に入り、戻って来てまたクルマの下に潜り、地べたに置いてあった作業手袋をはめ直したら、親指の先に何か異物を感じた。ゴムみたいなグニョっとした感触で、「あれ?何でさっき切ったゴムシートの破片が入ってるん?」と思って手袋を脱いだ。

親指を抜くと、一緒に出てきたのは15〜20cmくらいの黒光りするムカデ!!!

覚えてないけど、きっと変な声をだしただろう。慌てて手袋を振り投げ、クルマの下から飛び出した。それまで暑さでぼーっとしながらの作業だったけど、一気にテンションアップ。「ぼーっと行きてんじゃねぇーよ!」と怒られたのかも。

でも、もうシャキッとしたんだし、ムカデにその辺をウロウロされたら堪らないので、手袋を工具でつついてみたが居なさそう。クルマの下に滑り込むために敷いていたダンボールをめくったら、ゴムでできた作り物みたいにツヤツヤに黒光りした「奴」が慌てて、ガレージジャッキの下に走り込んだ。ガレージジャッキはギアボックスを支えていたが、仕方ないので一旦下げて、奴が潜んでいないか確認した。どうやら、直ぐ側の側溝の蓋の孔から逃げていったようだ。

しかし、あのまま手袋の上から押さえたりしていたら、恐らくムカデに噛まれて、作業どころではなかっただろう。毎年、一度や二度は家の中でも見かけるけど退治したりせず、いつも丁重に出ていっていただく。害虫を食ってくれるからねえ。でも、まさかほんの数分放置しただけの手袋の中に潜んでいたとは。。。 危ない危ない!(さすがにムカデの写真を撮る余裕は無かった)


Fiat 500 の難儀

昨日、あまり走りたくない雨の中、街からの帰途を急いでいたら、谷底の千束を抜けてクマ、シカ、イノシシが闊歩する薄暗い府立大の演習林に差し掛かった時、突然「バンッ!」と大きな音がした。

直ぐに停車して、音が聞こえたエンジンルームを覗いてみた。「あ〜あ・・・」。ケモノたちもびっくりするような声が出てしまった。原因は一目瞭然。

切れたファン/オルタネータベルトが暴れて電気配線とか傷つけなくて良かった。

旧車に乗る以上こんなこともあろうかと予備のVベルトも工具も積んでいたが、削れたゴムの粉で手を真っ黒にして、心も辺りもタソガレる森の中で藪蚊に刺されながら小糠雨に濡れてまでやりたい作業じゃない。

幸い家まではあと数分。一か八かこのまま走らせようか一瞬迷ったが、エンジンかけてアイドリングしてみたら、油圧警告灯が点いてないから何とか帰り着けると踏んだ。冷却ファンも発電機も働かないまま走り出した。やや暫くは平坦で、家まであと200mのところから胸突き八丁ならぬ胸突き二丁の急坂。エンジンの音や臭を気にしながら登りきった。

家に辿り着いたが、ファンが回ってないからアイドリングでもエンジンはどんどん熱くなる一方で、まして坂を駆け上らせたのだからすぐにも止めたいのだけど、少しオイルを回らせてからの方が良いかも、、、とか、優柔不断で1分ほど様子見。

いつもの暑い夏なら街なかから帰ると、ファンベルトがあっても熱でオイルがシャバシャバになり油圧警告灯が点くときもあるけど、何故か今は、手負いのエンジンなのに警告も出ず、涼しい顔(は無いけど)でフツーに回ってる。今年の長雨のおかげで気温が低いせいか?それとも、切れたベルトが飛び散った弾みで警告灯の配線が外れているのかも、、、

とか何とか考えていたら、ふと我に返り、このまま回しておいたら確実に焼け付くわけで、いかんいかんとエンジンを切った。もう暗いし、雨降ってるし、もういいや、とエンジンフード開けずに家に入た。

夜のうちにVベルトの予備の予備を発注しておいた。明けて、(といっても夕方だけど、、、)さっき、まだベルトは届かないけど、いつ緊急でチンクに働いてもらわないとも限らないので取って置きの予備ベルトを取り付けた。

元々、Fiat 500 のファンベルトは10×800という欧州の規格(巾10mm、周長800mm。今回、切れたやつもそれ。

巾10mmは、日本ではM型というVベルトで、何故か(ていうか、まあ文化的植民地なんで)アメリカ的なインチ表示になっている。周長800mmはほぼ31.5inch。さっき取り付けた予備のも表示が「MPMF1315」だから最後の3桁からこれに当たる。

ところが、これ、ちょっと高かったような記憶があるので、スタンダードな安いのを探したが昨夜は寝ぼけ眼でこれを見つけることができず。三ツ星とバンドー化学というベルト専業メーカーのカタログにも、M型がほとんど出てこない。。。仕方ないので、なんとか行き当たった少し短めのM型31インチをとりあえず確保。結局、安いのはヤメにして、切れにくいちょっと上位品を買ったので元の予備のよりもっと高価に。(つっても送料込みで2000円しないんだけど、スタンダードのは500円くらいだからねえ、、、ちなみに、どうもM型というのは専ら自動車用らしく、汎用Vベルトカタログには出てこないのかもしれない)

気を取り直して、今日もう一度調べてみたら、「MPMF1315」そのものもあるし、他にもコグ(歯状の凸凹)付き省エネ型もあるし、、、何や、選び放題やん。でも、まあ『コグ付ベルトは切れやすい』という評価コメントを見つけて、高くても、省エネじゃなくても、長持ちしてくれりゃエエ、と自分を納得させた。(でもね、Vベルトの構造って、特に強度を保ってるのはゴムの部分じゃなく、背の部分の繊維レイヤーだから、ゴムに切り欠きがあろうがなかろうが、強度や耐久性には関係無いんだけどね、、、)

そんなことまるで無関心に、当のチンク嬢はいつもの通りノホホンと微笑んでいるのであった。。。



おはぎ到来

友人ちに貸してあったものを受け取りに行ったら、お礼に手作りおはぎをいただいた。

ボリュームたっぷりのが2個。土砂降りの中、原チャのCiaoで家に帰って、体も拭かないうちに貪り食う。数秒で完食。

んめぇ〜!