シラン(紫蘭)が咲いていた

家の表に出たら、近所のBさんの奥さんがお孫さんに「蘭が咲いているね。きれいやねぇ!」と言っていた。家の向のツツジが終わりかけている山の斜面の下にある土止めの石垣にひょっこり紫の花二つ。根本から花まで20cmそこそこ。観賞用の栽培蘭とちがってあまり豪勢でも大きくもないけど、日本の野生蘭の多くのように地味で小ぶりというほどでもない、カワイイけれどしっかりランの形を誇っているように見える。植物に疎いので、スマホで写真に撮って画像検索してみたら、どうやら「シラン(紫蘭)」らしい。ネット情報では日本を含む東アジアの原産だそうだが、ランには珍しく播種したら容易に発芽するので栽培されたり、またそれが逸走して再度野生化したりしているようだから、誰かが植えたというわけでもないけど、完全に自生かどうかは判らない。

と、その後に友人のTくんから八王子の高尾山の隣り山「小仏城山に来ている」とメッセージが入った。送られてきた何枚かの写真の中に黄色い花が写っており、そちらは「キンラン(金蘭)」だとか。はっきりとは判らないがシランよりずっと背が高そう。笹の間からすくっと伸びた茎の先に幾つもの花が付いている。写真のは花が開ききっていないのでラン独特の形があまり見えないが、花弁がふっくら丸みをおびていてシランとはまた違った可愛さがある。これもググってみたら栄養を土中の菌類に依存する率が高く、シランとちがって栽培は難しいものらしい。そのため開発などの環境変化や乱獲により近年は激減して環境省のレッドリストに絶滅危惧種としてあるとか。

© Kazumasa Tomoi 2022

普段は身近な植物にさえあまり目を向けることが少ないけど、今日はご近所さんと友人のおかげで、たまたま二つのランに出会うことができた。そういや以前、もっと田舎からうちに遊びに来た友人が「ここは鳥がよう鳴いてるなあ」と感心していたけど、この辺りは鳥ばかりじゃなく、咲き乱れるというほどではないにしても、道端や石垣、土手の斜面などに野生や栽培種の植物が季節の移ろいの中でその時々の花を見せてくれるから、僕は結構贅沢な生活をしているのかも。

 


FIAT 500 ハザードスイッチのマーク

最後に追記あり


ハザードランプのスイッチにそれと判るようマークを付けた。スマホホルダーを取っ払い、カーナビをスライドイン化で隠して、せっかく元のシンプルなダッシュボードになったのに、暇にまかせてすぐに要らんことをやってしまう、悪いクセだ。

紙が駄目で、二番目に作ったもの。表面のプラスチックが平板なので紙のままと大して変わらん。
後から再々度やりなおしたもの。プラスチックを凸面に加工してあるので若干「バッヂ」風。

旧FIAT 500にハザードランプの回路を付加する場合、専用のスイッチを新たに追加する方法とメーター照明用のスイッチを転用する方法がある。うちのチンクは後者。自分で配線したのだからどのスイッチが何を動かすかは熟知しているので、今更マークも何も要らないのだが、、、なんか急に理由も無く付けたくなった。

そんでチャチャッと描いてみたら、赤丸に白線でちょっとキース・ヘリング風のハザード表示ができちゃった。

キース・ヘリング風?

はじめ、ちょっと立体的な表示にしたくって、前にシフトパターンをシフトレバーのてっぺんに付けたような膨らんだものを作ろうとしたが、小さくてプラスチックをあまりきれいに切り出せなかった。

次に、紙に両面テープ貼っただけのシンプルなものを作ったら、これはうまく切れて、早速ダッシュボードに貼っつけてみた。しめしめ、良い感じ!

と思ったら、貼る場所を間違えてワイパースイッチの下にくっ付けてしまった(誰や「自分で配線したのだからどのスイッチが何を動かすかは熟知しているので、今更マークも何も要らない」って豪語したのは!W)。

両面テープでダッシュボードに貼り付け。(ここじゃねえし!)

貼り付けに使ったのが強力な両面テープなんで、剥がす時にボロボロになってしまったのでもう使えない。ま、紙だけのやつはいくら室内だといってもすぐ汚れたり破れたりしそうだったんで、やり代える良い理由になった。

引っ剥がしたら破けちゃった。これじゃ長持ちしないだろ。

 

3度目のはまた透明なプラ板を貼ってやった。今度は平らなまま。慎重に切り出して、カット線のガタツキもペーパーで修正し、何とか許容範囲。こんどは間違いなくハザードスイッチの下に貼っ付けた。

うーん、、、思ったほど良くないかも(ペッチャンコで紙のままと変わらんし)。ま、せっかくなんで暫く様子を見よう。


追記:

やっぱペッチャンコは気に入らないので、最初にトライした凸面の形に作り直した。

まずまずだが、せっかくこだわった表面の丸みは写真でよく判らない。大写しにしたら周囲のガタツキが目立つなあ。

FIAT 500 カーナビを隠す (インダッシュ化?)

チンクのダッシュボードに膝保護パッド(ダッシュボード・パッド)を新調するにあたって、ゴチャゴチャしていたスマホホルダーやらカーナビを外したら、えらいスッキリ。このシンプルさを維持したいという欲望が湧いてきた。

グラスコクピット!?これはヤリ過ぎ。(ジョークですよ)
このシンプルさを変えたくない。
センタートンネルを覆うカバーと小物トレイ

また、ずっとむき出しだったセンタートンネルに小物トレイの付いたカバーも取っ付けたのでかなりオリジナルに近づいた感じ(ダッシュボード中央の灰皿があった場所にラジオをねじ込んだ以外は、、、)。

しかしカーナビは時に必要となるので何とか復活させたい。それなら普段は仕舞っておいて要る時だけナビを引っ張り出せば良い。そうするとあれ、ほらボタン押したらダッシュボードのフタがパカっと開いて画面がズイ―っと出てきて立ち上がるやつ。よく高級車なんかに付いてる「インダッシュ・ナビ」だな。つっても鉄板ムキ出しのダッシュボードに孔を開けるわけにも、、、。そんでダッシュボード下のトレイに捩じ込むことにした。そりゃもう「インダッシュ」じゃないと言われるかな?ま、スライド-イン モニターということで、、、(手動やけどねW)。

元々ダッシュ下のトレイには前後のドラレコやETCの電源用シガーライターのソケット(3連が2個!)とその配線、それにETC本体がゴチャゴチャと突っ込んであった。とりあえずシガーライターをトレイの下に移し、配線も全て放り出した。(ここにかさばる構造物を押し込めば、トレイには何も入らなくなるが、元から配線やシガーライターで埋まってたんだから、さほど影響は無い。それに新しいトレイがセンタートンネルに乗っかってるんだからいいんじゃね?)

スライド-イン・ナビの構造

そんで引き出し用のスライドレール(二段式)や穴あきフラットバー、アルミアングルなどを使って、外して置いてあったナビ(PanasonicのGORILLA)に合うようなスライド機構を作った。

ナビ画面の展開状態

それを空いたトレイの中に組み込んだ。配線換えのメンテなどで取り外し易いようにダッシュボード下面にはラバーマグネットで半固定したが、ショックで簡単に落ちそうなので支えとして行き場を失っていたETCを噛ませた。

ナビの引き出しと展開、収納は当然手動だし、収納状態でもモニターは点灯したまま。ま 、ダッシュボードに吸盤付けしてた時だっていちいち消したりしてなかったからいいんだけどね。

メインスイッチのキーにキーホルダーが付いていたら干渉するだろうなあ、、、。でもいいや。ナビはできるだけ使わないようにすればOK。(なら外せよってか?w)