Ciaoのエンジン降ろし その2

昨日の夕立で中断していたCiaoのエンジン電装整備作業を再開した。珍しく午前中にスタート。

ワイヤーハーネスの内部配線とコネクター取り付けはすでに終わってるので、あとはエンジンを再マウントするだけ。

組み付ける前にエンジンとフレームをパーツクリーナーと高圧洗浄機でさっと清掃。フライホイール/ファンを戻す際にクランク軸のキーの嵌合が結構難しい。なんとか復旧し、ファンシュラウドを取り付けたら、エンジンは完成。

知恵の輪のようなエンジン/フレーム合体も、昨日外したばかりなので憶えてるからちゃちゃっと済ませ、CDI取り付け、コネクタ類、高圧ケーブルとプラグキャップ接続、さらに冷却フィンのシュラウド、キャブレターとエアクリーナーボックス、マフラー取り付けまでサクっと進んだ。

で、あとはクラッチの復旧とVベルト張りも完了。ベルトの張り替えは時々やるので問題なし。

さて試運転、、、、エンジンも元気な音をたてて回るし電装の問題は解決した。 が、、、自動遠心クラッチが切れない。つまり走るには走るのだが、停止できない。。。(;´д`)トホホ…

Vベルト外してクラッチの分解をしてみた。ああ、めんどくさ。

クラッチベルの内部で、昨日の雨に当たったサビの粉が固まっていた。クラッチなので潤滑剤のCRC556を吹くわけにもいかず、パーツクリーナーも効かないので、工具でコンコン叩いて引っ剥がしたら、固着していた遠心クラッチのシューがポコッと外れてフリーになった。(ゆめゆめ重要部品を雨に濡らしてはイケマセン)

再度組み付けて、今度は快調。メデタシメデタシ。

 

Ciaoのエンジン降ろし その1

チンク嬢の断線、ショート、フューズ切れは僕の不手際で、うっかりエンジンフードを開けたら引きちぎれる長さになっていただけ。自分の責任だった。切れた電線があからさまにブラブラしているのだから、直すのもシンプル。しかし先日来、断続的に起きるCiao嬢のエンジン不調はタチの悪さ半端ない。

故障の原因はCDIが不調かも、といろいろイジったものの、結局はバラして組み直すと直るってのを繰り返していた。そんとき「ひょっとしたらCDIそのものではなく、電源側配線の断線かもしれない」という疑いが頭をよぎったが、臭いものにはフタをして見ぬふりしていた。。。

が、いよいよCiaoがウンともスンとも言わなくなるに及んで、ついに決断の時が来たことを悟った。。。で、覚悟を決めて臭いフタを開けてみたら、、、

CDIちゃん、ゴメン。あなたは悪くなかった。悪いのはエンジン(正確には発電のためのステーターコイル)からCDIに電気を送るワイヤーハーネス(要は電線)。内部で絶縁被覆が変質し、ビニールが餅みたいにベトベトになっていた。やはり、、、疑ったとおりだった。(Ciaoに限らず、イタリア製の古いバイクはこの症状が当たり前のようだ。チンクは反対に硬化していて、これはこれでヤバイのだけど、、、)

ステーターハウジング内部でも線はドロドロベトベト

しかも、そのベトベト変質は一部ではなくCDIのコネクターからステーターハウジング内部(フライホイール兼冷却ファンの裏側)にまで配線全域及んでいた。はじめは外部の被覆を熱収縮チューブで修復しようとしたが、それどころじゃない傷み方で、結局はエンジンを降ろしてフライホイールを外し、内外とも新たに配線を引き直さざるを得なくなった。(クランク軸からフライホイールを抜く特殊工具も買うハメに、、、)

取り掛かってみたら、エンジン降ろしやフライホイール抜き自体は思ったほど手間がかからず、これならさっさとやるべきだったな、、、と。

エンジン、ちっさ!

配線作業自体は新しい線をハンダ付けし、熱収縮チューブで被覆するだけ。色さえ間違わなけりゃ何のこともない。CDI向けのワイヤーハーネス以外に、ランプ・ホーン用の線も怪しいので、引っ張ってみたらこれもベトベト。。。まあ、同じ材質だからしゃあないな。。。こちらも線を交換。

ハンダ付け作業を終えて、さあ、復旧工程に、、、と思った途端、ドッシャーと雨。残りはまた明日。。。まあ、あわてて組み立てるより、パーツクリーナーやケルヒャーの高圧洗浄機でじっくり掃除をしながら完成させよう。

後は汚れを掃除して組み上げるだけ、、、と思ったら雨。

Ciao 不調

うちに来て5年以上、パンク以外は故障らしい故障もなくビンビン疾走ってきたハリキリ娘のCiaoが、街なかで突然ブスブス言いだした。ン?燃料切れか?でも、ガソリンはたっぷり飲ませてあるはずなんだけど、、、とかなんとか思ってるうちに、また元にもどって走る。けど、すぐにブスブス。。。を繰り返す。

燃料が原因かもと、とりあえずガソリンスタンドで給油したらそんなに減っていなかった。燃料コックやパイプ、キャブレターの詰まりも考えられるが、、、断続的に詰まるってのもおかしい。

だましだまし家まで戻りプラグを点検したら、何と火花がとんでいない。別のプラグをハイテンションコードに突っ込んでみたが、やはり全くダメ。シリンダーヘッドのプラグ孔からはガソリンの匂いがするから燃料は来ている、しかも、ランプ類は全て点灯するから、もう原因は点火系で決まり。(とはいうものの、断続的にでも走れたのは何故?)

ガレージの奥に眠らせてある(つか遺体  安置してある)ドナーの車体から外したCDIユニット(写真で白い方)を仮組みしてペダルを漕いだら、即元気よくエンジンがまわりだした。

ああ、これでドナーの復活はさらに遠のいたな、、、と思ったとき、ハイテンションコードやプラグキャップの不具合でもこういうことは起きるかも、と考えて、新旧のCDIとプラグとハイテンションコードを取っ替え引っ替えして悪いところを突き止めることにした。

まず、元のCDIユニットを仮組みし同じく古いハイテンションコードにプラグキャップだけ新しくしてみたら、、、あれ?エンジンかかるじゃん!

プラグキャップも古いのにしてもまだまだ回るし、ブスブスいう気配もない。ちぇっ!プラグキャップだったの?でも、試しにキャップも古いのに戻してみても、ちゃんと回る!

あれこれ取っ替え引っ替えしても、どの組み合わせでも不調は起きない。

何のことはない、よくある「バラして組み直したら直った」というやつ、、、仮病かよっ!

そういや、最近はもうひとりのイタ娘、Fiat 500のチンク嬢に乗ることが多いからCiaoがヤキモチ焼いたか。。。(ゴメンね)

何はともあれ、Ciao嬢はすっかり元気になりましたとさ。

どんどはれ

Fiat 500のウインカー・インディケーター・ランプ

昨日、ウインカー消し忘れ防止のためにブザーを取り付けたが、同時に、アースとブザーの回路追加で、電気の流れが改善されてインディケーターランプの視認性は格段に良くなった。しかし、それでも飽き足らず「もっと光を」と改良を進める。

まずは手っ取り早く、ランプを明るくて省電力なLEDに変えようと思ったが、BA7sというちっちゃい豆球でもLEDは結構な値段。ま、現用の白熱球は今すぐ切れそうな兆候もないし、このままでもっと輝度を上げる方法を考えた。

球の方を変えられないのなら、ホルダーの内部反射を良くするしかない。もともとの純正がこういうものかどうか知らないけど、チンクのランプホルダーはとても原始的で、銅パイプの所謂「チーズ」(食べるアレじゃなく、ローマ字の「T」が訛ったものか?)というT字型の部品を流用したんじゃね?という感じ。

ランプユニットの内部(電球のガラス反射がわずかに見えるだけで真っ暗)

しかもその中は酸化皮膜で薄汚れているからとても反射など期待できない。いくら豆球が健気に光ってもフィラメントの片面のビームしかランプ・レンズに届かない。反対側の光線は何処にも行けずに吸収されてしまう。これでは電気の無駄遣いでしかない。それでその部分に反射材を入れるか銀色に塗装するか、となった。

手近にキラキラ光を反射するものといえば、台所のアルミホイル。こいつを管の内側に瞬間接着剤で貼り付けた。(気をつけないと接着剤で絶縁皮膜ができて不点灯になるが、、、)

アルミホイルを短冊状に切る

結果は上々。これで絶対にウインカー・インディケーターを見落とすことはなくなった(はず)。

アルミホイルを貼った内部(内部が明るくなり、電球の頭がはっきり見える)

ということは、ますますブザーの必要性が低くなったと。。。(やることの順番が間違ってるのは毎度のことだけどね)

昨日の動画は夜なので比較できないが、以前は昼間はほとんど見えなかったものが今はすっかり改善された。

 

Fiat 500 ウインカー ブザー追加

(オーディオ・パイロットのブザーピーピーと少しウザいが、、、おかげで消し忘れることはなくなった。)

ウインカリレーのカチカチ音が小さいので時々ウィンカーの切り忘れがある。インジケーターランプも暗いく昼間などほとんど見えない。このままじゃ危ないことになる。そこでダッシュボードに小さいブザーをつけた。

ブザーの電源をウインカー・インディケーター・ランプから取る。ところがFiat 500のは1つしかないのに、どういうわけか内部の電球は左右それぞれ2個入っている。それぞれにブザーを2個付けるのはなんだかダサい。そこで、左右の電球ソケットからY字形に配線してブザーにつなげるのだが、そのままでは左右がブリッジされてしまい点滅がおかしくなる。で、整流用のダイオードを挟んで電流が逆流しないようにした。

インディケーターにはもともとアースの不具合があり、それがランプの暗さや挙動の不安定の元になっていた。これを機会にマイナス線を引き直した。その上ブザーの回路も並列にボディーアースにつながったのだからウィンカーの動作はすこぶる快調になった。

リレーの音が要らないくらいインディケーターの点滅もくっきり明るくなって、昼間でも点滅がはっきり見える。ブザーもいらないほどだ。何の事は無いアースをしっかりとっておくだけで良かったのかも。


追記:

寺町の電子パーツ屋、マルツで合計4点、お買い物。

高速スイッチングダイオード @20円 2ケ
圧電ブザー @280円 1ケ
異線径配線コネクター(2個入り) @190円 1ケ

〆て510円也

なお、リード線とギボシ端子は作業場の有り物で間に合わせ。

これでウインカー出しっぱなししでインディケーター見落としても、「っつたく、年寄りはしゃあないなあ!」と言われずに済むし、何より安全。