Fiat 500(チンクエチェント)のボンネットオープナー

以前、友人を乗せて原谷から西大路通へとチンクを走らせていたら、突然バンッ!と音がして目の前が真っ白になった。表通りに出てスピードが出始めたら風圧でボンネットが開いてしまったのだった。

前が見えないから前方で車が止まったりしたら一巻の終わり。幸運にも交差点の右折車線がすぐ先にあって、そこへチンクを引っぱりこめた。

後ろからも右折車は来ず、落ち着いてボンネットを閉じ、ロックを確認して何食わぬ顔でまた走り出し、事なきを得た。

もうあんなことは嫌だ。以後はボンネットのロックを確認するようにしたが、だいたい車のボンネットのキャッチ(フック)は2重になってるはずで、フィアットもフックが2個ある。それでも何故か開いてしまった。

前オーナーのいい加減な改造でフックを引っ張るオープナーのレバーもワイヤーのアウターケーブルもグダグダで引っぱりにくいし、引っ張っちゃうとフックが元の位置に戻らない(これが上記のあわや事故、の原因だろう)。アウターケーブルの片端が固定されておらず、動きに全く節度を感じない。

純正のレバーをネットで探したが見つからず、レバーを使わずに、ワイヤーに直結したT型ハンドルを引っ張るだけのシンプルなものにすることにした。ハンドルは木で自作することに。せっかくなので楽器用にストックしてある紫檀を使ってみた。

午後おそくに思いつきで始めたので作業も行き当たりばったり。できた時は日が暮れていた。取り付けていて、ワイヤーの固定にまたもケッタイな仕事がしてあるのをみつけてしまった。固定金具のUボルトが上下逆に突っ込んであったのだ。前のひと、夥しい改造をやった割には、おっそろしく機械音痴なのかもしれない。今回はエンジンと足回り、ブレーキなどをプロに見てもらったけど、電装関係はそのまま。。。 ボンネットオープナーでこのザマだから、じっくりいじっているうちに、これからもまだまだ欠陥が発覚し続けるだろうなあ。。。 2016-01-13 16.42.06 2016-01-13 16.54.04 2016-01-13 17.50.54 2016-01-13 22.15.13 2016-01-13 22.15.42


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

画像を添付 (JPEG only)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください