葡萄 んめぇ!

ご近所さんに「ちょっと見てほしいんだけど」と言われて行った見たら、家の柱の根本が傷んでいた。雨水が当たるところで、湿気にやられてた。虫が食ってるような感じも、、、。

ということで、ほんとに「ちょっと見た」だけなのに、お礼に葡萄を頂いた。(お礼じゃなく、たまたま葡萄のおすそ分けだったのかもしれないけど、、、)

「サニードルチェ (種なし・皮ごと)」と書いてある。英語とイタリア語のチャンポン名はともかく、種無し・皮ごとって、僕は葡萄の品種に拘らず種ごと、皮ごと食べるので、それ自体は特段気に留めていなかった。

ところが、食べてみてその食感に驚いた。もちろん皮ごと齧ったんだけど、サクッというかシャリッというか、全然葡萄のそれじゃない。むしろ林檎じゃね?と一瞬思ったせいか、その後の味や香りも林檎に感じられてしかたない。種なし葡萄は種ありに比べて味や食感が頼りないと思っていたけど、まるで違う果物で比較の対象にならない。いや、美味いんだなあ、これが。(タダでいただいた物だから、よけい美味いな。W)

追記:

サニードルチェって、知らなかったし、味やテクスチャが面白かったんで、調べてみたら「青林檎ような風味」とか出てくる。僕の味覚も、まだ普通の人並みには働いているようだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像を添付 (JPEG only)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください