文机

大徳寺の某塔頭に住んでる知り合いが「捨てるのもったいない」と言って僕にくれた文机。天板の塗装が剥げ、焼け焦げやシミ、張り付いた紙などで汚れていた。あまりキレイにしすぎるのもなあ、、、でも使うにゃちょっと汚すぎる。

で、軽くサンディングして、花脊の家を直す時に使った残りのWATCOオイルを塗った。ほおおお、、、いい感じになったとさ、

めでたしめでたし。

さっそく秘密の屋根裏部屋に置いた。

ドントハレ

Return of Cinquecento

先週、クラッチの整備で車屋さんから戻る時、家に着く直前の急坂に差し掛かったら急にエンジンが止まった。とてもイヤな止まり方だったのでオーバーヒートを疑ったが、エンジンのニオイや熱にはその兆候がなかった。点火系かな?と何気なくディストリビュータに触れてびっくり!ぐらぐらになってる!坂道で車体が傾いたらディストリビュータもグラリと傾いて電気の配分が上手くゆかなくなるようだ。バックで転がして平らなところに停めたら、エンジンがまたかかった。。。(汗)

こういうことは普通、ありえない。水平なら見た目も機能も問題ないので車屋さんも気づかなかったらしい。とりあえずディストリビュータを仮止めして家まで戻り、何とか走り続けるまで感で調整したが、点火時期は大きく狂っているに違いない。また入院。。。

車屋さんもクラッチにかまけてディストリビュータが緩んでることに気づかなかったのに責任を感じたのか、今度は他のところも頼まないのに点検してくれた。そしたら、またまた問題が露見!チンクの旧式のエンジンはプッシュロッドという棒でタペットを突き上げて吸排気バルブを開閉している。ところが本当は0.15mmないといけないタペットクリアランスが0。やばっ!

あれやこれや診てもらって、やっと退院。おかえり〜。ていうか、迎えに行ったんだけど、めちゃくちゃ調子が良ろしい。さすが。

ディストリビュータの分解整備やポイントの研磨、タペットクリアランス、点火時期の調整などは僕でも時間をかけたらできるが、プロは仕事の速さと質が違う。なのに、色々面倒見てもらったうえに今回はサービスだって!申し訳ない。

整備語のエンジンベイ。下の赤茶色がディストリビュータ。上方の金属のキャップが付いてるのがタペットカバー。
グッド自動車の社長みずから診てくれる。
緩んでいたディストリビュータ(手前)と予備(奥)
数日間で退院してきたFiat 500

追記:
ディストリビュータ上部が緩んだ理由は、固定ネジにナイロンブッシュ入のロックナットを使わず、通常のナットだったこと。ここはスプリングワッシャーを入れないので、何らかの緩み度目が必要なのに、前のオーナーはどんな整備をしていたのだろうか。。。

エル・カピタンの悪夢

夢見心地でヨセミテのエル・カピタン山麓をさまよっていたときのこと。大好きな林檎の木の木陰で涼んでいたら、いきなり幹にひび割れが走り、果樹がボタボタと落ちだした。倒れそうな木の幹を必死で支えたが、どうやら接ぎ木した根っこのほうが寿命らしく、枯れていくのを手をこまねいて見ているしかなかった。。。とまあ嫌な白昼夢、いや、夜中だったけど、、、

で、メインで使っている「偽Mac」のSSDが変になって、起動時にエラーが起きたりその修復でやたらに時間がかかるようになった。終いには作業中の動作が遅くなったかと思った途端に画面が崩れ、システムが落ちた。(再起動でまた修復が始まる、、、)

DVDからLinuxを起動したら普通に動くので、SSD内部のシステムが逝ったにちがいない。でもこんな壊れ方だと、再インストールしても再発するどころか、繰り返しているうち内部のデータまで連れていかれてしまう。幸いドライブ自体は認識されてデータへのアクセスも可能だったので、完全に壊れるまえに別のドライブにOSを入れ直すことにした。

やり方は、、、ここから先は、また夢の中ということで、、、

別のMacにダウンロードした最新のMac OS X SierraをUnibeastでUSBメモリに移し、そこから新たなSSDにインストール。それだけ。あとは、Post InstallとしてMultibeastから必要なドライバなどを入れる。

昔は、こんな便利なツールが無く、徹夜でターミナルからコマンドを打ちまくること1週間、なんてことがあたりまえだった。つか、夢を見るために徹夜をする、ってどうなのよ。(笑)

今やインストール自体は手順を敢えて書くほどのこともない。ただ夢の中でいつも問題になるのはオリジナルの音声機能が上手く働かないこと。でもこれは僕のように古いMBしか使わないときだけのことなのかも。

ともかく

音声の解決策

1,VoodooHDAを使う(Multibeastからインストール可能)
2,元からあるAppleHDA周辺をゴニョニョする

1のVoodooは導入が簡単で、Preference paneから細かい設定ができる。欠点はノイズ。あと、システム環境設定でいじった設定が保存されないことがある。(いままではこれを使ってきたが、、、)

2の方は、音質はオリジナル相当だが面倒くさい。いろいろ試してみた中でToledaの公開しているものが確実だったので、以下に書き留めておく。

ハードウェア構成

MB: Asusu P6T SE
CPU: Intel Core i7  (920) 2.68 GHz
RAM: 1333 MHz DDR3 18 GB
GB: GeForce 8800 GT 512 MB
SSD: Samsun 840 Series 250 GB

使用ツール他

以下のリンク先はどれも、ものすごい時間と労力・知力を注ぎ込んだ成果物だ。おかげで作業が100倍、1000倍はかどる。一々書かないが、作者、サイトの運営者に感謝する。特にToleda発表したものに対するサポートが素晴らしく、細かい質問にも丁寧に答えていて、特筆に価する。

EFI Mounter v3.app
Kext Utility.app
AppleHDA.kext (must be original, unmodified)
ssdt_hdef-1-100-hdas
MultiBeast.app for Sierra
HDAEnabler1.kext
audio_pikeralphaALC-120_v1.0d.command

音声の修復手順

・Mount:  EFI partition:  EFI Mounter v3.app → disk1s1

・Drag&Drop:  AppleHDA.kext → Kext Utility.app → /S/L/E/ (original automatically saved)
(If original AppleHDA.kext in /S/L/E has been modified, use one in OriginalAppleHDA.kext.zip)

・Copy:  ssdt_hdef-1-100-hdas/SSDT-HDEF-HDAS-1.aml → /Volumes/EFI/EFI/CLOVER/ACPI/patched

・Install:  MultiBeast.app → Drivers > Audio > Realtek ALCxxx > LegacyALC888 (W/Wo Legacy)

・Drag&Drop:  HDAEnabler1.kext → Kext Utility.app → /S/L/E/

・Run:  audio_pikeralphaALC-120_v1.0d.command → answer “y” to every question (audio_cloverALC-120_v1.0f3.command works but no mic input on my P6T SE)

・Restart

・Set:  システム環境設定 > サウンド > 出力 > 内蔵スピーカー(後部出力)、> サウンド > 入力 > 内蔵マイク (後部入力)

以上で、VoodooHDAのお世話にならず、ノイズの少ない音声入出力ができるようになった。

オリジナルのAppleHDA.kextはいじらないが、HDAEnabler1.kextを入れないとCodecが無い、とCommandに怒られる。HDAEnabler1.kextはToledaに依るものだが、彼(彼女?)は「deprecated」として勧めていない。

とまれ、あとはOSのマイナーアップデートで、この状況が引き継がれるかどうか、、、

シエラ山中の新しい林檎の木の下で、またしばらく夢を見ることにする。

eMacの修復

iMac (2009)とeMac(2003)

先日の白いiMac Mid 2006 24in. に続き、もう一人、半分壊れたMacがうちに来た。十数年前に爆発人気だったカラフルな初代iMac(1998〜)の影でひっそり咲いた徒花みたいなブラウン管のeMac。この子の色も白一色で、他のカラーバリエーションは用意されず地味なことこの上ない。でもそれが僕には好もしい。

eMacは始めは教育用に開発され、性能の割に安価だったのでiMacが液晶ディスプレイ(LCD)に移行した後の価格帯を埋めるため、2002年から最後のCRT一体Macとして一般にも販売された。(皮肉にも初代LCD iMacはeMacと同じく色を捨てて真っ白になった)

パソコンを買いたいと友人に相談されて、当時めっちゃお買い得だった(誰も知らない)eMacを薦めた。購入からセットアップや使い方インストラクションまで手伝った縁のある子だった。

そのeMacは2004〜2009年ごろまで稼働していたがシステムが不調になり、DVDインストールディスクからOSの再インストールを試みるもドライブが読み取らず、再生を断念したのだった。

あれから8年。先のiMac復活で味しめて、友人ちの物置に眠っていた件のeMacももう一度覚醒させてみようと、もらって来たというわけ。

で、やったこと:

・ポリカーボネイト製ケースの取り外しと清掃
・壊れたDVDドライブ交換
・Open FirmwareからDVD起動とOS再インストール


・ケースの取り外しと洗浄、内部清掃

アーレンキーでカバーのネジを外す


・DVDドライブの換装

換気ファンがかっこいい


・再起動とOSの再インストール

OS再インストール完了後のeMac

若竹煮と蕎麦

岡山の妹夫婦の蕎麦屋からもらった蕎麦と一緒に食す

花背別所でもらった筍は新鮮でアクがなかった。茹でて、とりあえず半分を若竹煮にしてやった。

先日、岡山の牛窓で蕎麦屋をやってる妹んちからもらった蕎麦と一緒に喰った。んめ!