「南部煎餅と南部駒」への8件のフィードバック

  1. 追伸?
    子息が、風の又三郎と言うことはkoujiさんが三郎の父親、確か三郎は転校生だったから親は日本にいない(飛躍すぎか、ま、いいや)koujiさんが日本にいなかったと言う訳がわかりました。と言うか納得。

  2. >逆にクマでも倒しそう、、、 
    なんでわかるんですか!と一言返す。

    風の又三郎・・読むだけで涙が滲む歳になりました。
    . どっどど どどうど ・・・ゲーム三昧の今の子達わかるかな?
    私のルーツの中に東北の衣川が出てくるので一度(シヌマエニ)訪れたいなと思っています。

  3. 息子さんは「風の又三郎」なので岡本くんは所帯じみてなく浮世離れしています
    花脊のお宅にお邪魔した頃はまだちっちゃかったしなぁ
    東北へはオシラサマ持参ですよね

    1. 池田さん、
      息子が風の又三郎だったとは、、、親の僕がつゆぞ知らず、、、そりゃ、ステキですねえ。。。
      花背に来て頂いた頃はまだ、彼も学校に上がる前ですもんねえ、、、 で、30年以上たった今は、おっさんです(笑)

      しかし、池田さんが「じいじ」だっていうのが、僕にはピンときません。いや、もう、おたまじゃくしちゃんも大きくなって、あと20年したら「ひいじいじ」ですなあ。。。

  4. 息子さんがいらっしゃる?(@@)
    そんな感じがしなくて、独身のまま、青年の心のまま、気の赴くまま、すべて赴くまま、その時を刻んできたんだと思っていたので彫刻家だと思って疑いもしなかった。
    形見ですね。知りたいような知りたくないような・・(--)

    1. Chiekoさん、
      いや、何故か息子がいちゃったりして、、、(笑)
      4つ、5つ前の投稿に彼の写真が出てますが、いろいろ苦労があるのか若白髪です。
      小学生の時に別れて、母親に引き取られ今は盛岡に住んでますが、たまに京都に遊びに来ます。
      あ、バッチリ知らせてしまいましたぁ。。。

      1. いやぁ~、写真を撮っている姿の方を見て一瞬Koujiさんかとおもったのですが、ひょっとしてが当り!
        私にも実は・・なんて言うものもない・・・二人きりで一晩語りつくしても男性に倒される魅力もなかったのは残念至極!(笑)(笑)人生変わっていただろうなぁ~(遠い目)

        1. Chiekoさん、
          「男性に倒される魅力?」 うーん、今でも十分魅力的だと思いますが、、、 ていうか、逆にクマでも倒しそう、、、 あ、いや、その、、、

          あ!そうか! バーブガイさんのお父さん、クマだったのか、、、 なるほど、合点がいきましたぁ。。

          失礼、 m(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像を添付 (JPEG only)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください