iPhone 機種変とSIMサイズの変更

機械としては元気なのにOSについていけなくなったiPhone5s

何年か前に中古で買ったiPhone5sが、この1年めっちゃトロくなってしまった。備え付けカメラのアプリですら10数秒かかるときがある。シャッターチャンスを何度逃したことか。(;´д`)トホホ…

アップデートの度にiOSを重くして古い機種を使わせないというAppleの魂胆が見え見え。機械的にはまだまだ使えるのに、、、
Appleのバカぁ〜!!!

結局、リスク覚悟で、「ジャンク」として超安値で投げ売りされていた3年落ちの中古iPhone6s Plus に手を出してしまった。

昨日届いて、ドキドキしながら箱を開けたら、思いのほか美品!保護フィルム貼ってケースに入れたらピカピカでどこにも瑕疵が見えない!(つやつやの透明ケースは若干ちゃっちいが、、、w)

チャチャっと設定したらサクサク動くじゃん。一晩経っても快調。機能的にも問題なさそげ。。。使うのワクワク楽しみ〜♪。
うむ、これは当たりだ!

しかし、「安い物にはワケがある」というのを何度もイヤというほど思い知らされてきたのに、ちっとも学習しないのは、僕はどこかにギャンブル依存症の性質を持ってるんじゃね?と思うことがある。(賭け事は一切やらんけどな)

まあ、それはともかく、これまで使ってたのと違って、今度買ったiPhoneはSIMロックの解除が施されている。で、どのキャリアでもSIMを刺せば名実ともにスマホになる。ならば今持ってるモバイル・ルーターの格安SIMを使い回せばいいじゃん。(現行のSIMはデータのみ対応なので、正確には「スマホ」ではないが、、、IPフォンのアプリで電話はできる)

6年落ちのDocomo Xi L-4Dモバイル・ルーター

いつも一緒に持ち歩いてきたモバイル・ルータL-4Dも6年前の物で、流石にバッテリーが持たなくなってきてるし、そろそろ引退の潮時かと。こちらも古いiPhone同様、機械的には何の問題もない。が、もはやDocomoショップでもバッテリーを売ってないのだ。
Docomoのバカヤロー!

とはいえSIMさえiPhoneに刺されば余計なモバイル・ルーターやその電池切れを心配してかさばるモバイル・バッテリーを持ち歩かなくて済むし、一石二鳥じゃん。〜♪

さてさて、今手元にあるモバイル・ルータのSIMはMicro SIM。一方iPhoneのは一回り小さいNano SIM。大は小を兼ね、、、ない。

上がiPhoneのアクティベート専用ダミーNano SIM、下がL-4Dの実働Micro SIM

SIMサイズ変更を正式に申し込むと手数料やら手続きやら、はたまた不通期間が挟まるなど、いろいろとめんどくさい。で、しぶしぶ所謂「SIMカット」をやった。何のことはない。エイヤッとハサミでちょん切るだけだが、、、なんか、割礼か?

ハサミ登場。思ったよりスカスカ切れる

幸い、大きいほうのSIMも電極の少ない6極だったので、中身のチップをぶっちぎる心配もなく、すんなりとサイズダウンができた。

恐る恐るSIMを入れたら「SIMカードが挿入されていません」の警告が消えた!しめしめ、成功!!!

SIMを刺すが、若干分厚いんじゃね?入れたら二度と出てこないんじゃね?と心配

もともとSoftBankのiPhoneだったので、もしも「ロック解除済」のふれこみが嘘だったら、と心配していた。でもどうやら杞憂だった。ちゃんとキャリアの認識をしている。ようやくこれでSIMサイズだけでなく、モバイル・ルーターと予備バッテリーも減らしてモバイル環境のスリム化ができるな。

無事、キャリアはドコモと認識された
Docomoの電波も掴んだ。。。

と思ったら、WiFiを切ると、モバイル通信の電波は掴んでるのにネットに繋がらない。。。へ?何で、、、(汗)

あ、そうか、きっとAPN(アクセスポイント名)の設定ができてないんだ。WiFi接続に戻してSIM会社(Docomo系のOne Mobile)専用アプリを使ったら、ややっこしい数字や記号を入れることもなくあっさり無事開通。

Docomo系格安SIM会社のアプリからAPNの設定やり直しで、無事4G開通!!!

言われないと見えないようなほんの少しのガラスとフレームの傷、液晶の小さなムラだけで「ジャンク」呼ばわりされて、格安で売っ飛ばされたiPhone6s Plusは、入手から丸一日たって今のところ元気に働いてくれている。(一方、本当ならまだまだ元気なのにAppleのせいでジャンクにされてしまったiPhone5sも不憫でならない、、、)


追記:

この記事を上げたとたんに、iOS12のことが出てきた。秋に発表されるであろう次のOSでは、なんと、古いデバイスが格段に早くなるとか。

ベータ版での比較にiPad 2が使われているのだが『iOS11に比べてアプリの起動速度などが大幅に改善』とある。本当なら起動が遅くて見限ったiPhone 5sにもiPad 2と同じA7プロセッサが載っているのだから、、、早まったか。秋まで我慢すればよかったのか?ウ~ン、、、

https://iphone-mania.jp/news-215241/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像を添付 (JPEG only)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください