XL250Sのデカールでっち上げ

9年前、XL250Sの中古をネットで見つけ、愛知の江南まで都市間バスと名鉄を乗り継いて買いに行った。実際に見てみたらレストアのベースとしては上等で、エンジンは異音なく回るし、何より僕の好きな初期型であった。初期型とは、プラスチック弁当箱みたいなメーターと「レインボー」と呼ばれるタンクのデカール、そして少しレンガっぽい赤いカラーリング(後期方はもっと深い赤、意匠もシンプルなものに変わった)で、40数年前に乗っていたものと同じ。もちろん車体各所に錆が出ているのは仕方ない。ただ、タンクに大きな凹みと傷、錆があるのは、やはり忍びない。

9年前、購入直後のタンク。凹みとデカールの色褪せが判る。

色々苦労して愛知から京都まで乗って帰ったことは、またの機会に書くとして、タンクのレストアのことを少し紹介してみようと思う。(あ、これ、9年前の話ですからね。お間違えなく)

そんで、タンクの内部には錆が少なく、そのまま乗っても機能的に問題はなかった。僕の場合、レストアと言ってもまるっきり新品のようにするのが目的ではなく、楽しく乗れればそれでよし、なんだけど、上記のようにベコンと凹んでるタンクのままでは流石にXLが可哀想。デカールも、写真では一見良さげに見えるが、実際は退色がひどくて、光に弱い赤や山吹色はかなり悲惨。タンクと同色であるはずのHONDAのロゴの上あたりははっきり色が違う。(黄線と黒線の間の色はタンクの地色)

凹みの修正は、長いバールを給油口から突っ込んでコジたら少し凹みマシになったが、気休め程度で、後はパテで埋めるしかなかった。その上から塗装すれば広範囲にフェザリングすることになり、必然的にデカールは剥がすことに。タンクデカールはもう部品としては出てこないだろう。海外では複製品が幾つかマーケットに出ていたが、結構な値段に見合う品質がどうか、、、。当時カネの無かった(今もだけど)僕は、自作することにした。

せっかく作るのだから、安物のカッティングシート(そう、あの細いラインやロゴなどを手切りするのだ!)だと、あっという間に劣化してヒビだらけのボロボロになる。細かいことはもうはっきり憶えていないけど、3Mの「スコッチカル」という屋外での耐候性に優れたフィルムを結構な価格で買った(カネないっつうのに!W)。スコッチカルは屋外で5年もつというから、ガレージにしまっておけば一生大丈夫じゃね?と。実際、9年経っても全くなんともない。

さて、デカール現物はタンクの表面上にあるのだけど、平面ではないので簡単にトレースできない。できるだけ平らな部分ごとに別けてトレースしたが、平面上につなぎ合わせると、それが正解なのかが判らない。実際に貼り付けるときには、ドライヤーで炙りながら少しずつ引き伸ばしてタンクの曲面になじませる必要があるが、大きくずれていたら融通が利かず、シワになったり切れたりするかもしれない。ともかく、古びたデカールを引っぺがす前に、できるだけ採寸しておいた。

ネット上に既製品のデカールの平面図もあるにはあったが、かなりいい加減でうっかり下敷きにしたらおかしなことになりそうだった。結局、自分で採寸し、トレースしたデータを元に、意匠の線引きとロゴのレタリングを1から全部やる羽目に。ていうか、始めからそのつもりだったんだけど。さんざんイラレの試作を紙にプリントアウトしては、タンクに押し当てて、できるだけ歪みの少ない形に落ち着いた。

xl250StANK-lOGO2-2
TankDecalR

赤(ホンダはタヒチアン・レッドと称していた)の上に白や濃紺(ホントは黒なんだけど、ちょっとだけオリジナル感を出してみた。誰も気づかないけどW)や山吹色などを重ね、最大で4重にもなる場所もあった。最初のレイヤーをタンクの曲面に沿わせて貼ってから上のレイヤーを貼り重ねては合わなくなるので、全部を平面上で貼り重ねておく。これがまた面倒なことを引き起こす。つまり、レイヤーの数が少ないほど伸びやすく、素直にタンクの曲面に合ってくれないのだ。

デカールやシールを貼る常識として、薄めた台所用洗剤をタンクの表面にスプレー缶しておき、デカールの糊がすぐにタンクにくっつかないようにして位置決めをするのだが、反りの合わない平面と曲面をドライヤーで炙ると、せっかくスプレーした水気が飛んでしまい、付いてほしくない部分が予想外の場所にくっついてしまった。とは言っても、試行錯誤の後になんとか思っていた通りに貼り付けを完了できた。

こういうの作ったら売れるかも(笑)。でも、著作権とか絡むから、僕が個人で自分のバイクをレストアするだけにしておくのが安全。

後先になったが、タンクの色(タヒチアン・レッド)は次のXL250Rでは継承されず、もっと深い赤になったが、エンデューロレーサーのXRやモトクロッサーのCRシリーズではその後も引き継がれていた。とはいうものの9年前の時点ではディスコン状態で、タヒチアン・レッドのスプレーペイントがオートバックスへ行けばある、というものじゃなかった(今はTahitian Red R-23などで検索すると出てくるけど)。当時、XL250S初期型のタンクを塗りたけりゃ近似色を探すか自分調合するしかなかったのだが、近似色は曲者で、スプレー缶の見本色は印刷だから実際に塗って、乾かしてみるまで本当に合ってるかどうか判らないのだ。ところが、あれこれ思案しているうちに、アメリカ在住の日本人の方が、自分用に調合してスプレー缶にしたものが余っているので譲ってもいいと言ってくださった。ラッキー!(でも、どういう経緯で行き当たったのか思い出せない)。普通のアクリルラッカーだったので、ガソリンに侵されないよう、2液ウレタンスプレーのクリアをたっぷり吹いておいた。

タンクだけでなく、初期型の小振りなサイドカバーも再塗装し、当然デカールも同様に作り直したが、流石に注意書きの文字までは再現できなかった。

こまめにエンジンオイル交換をやってるから機械的には全く健全。でも何だかんだ言いつつ、9年乗る間にメーターを一度取り替えてるし、先日はリアサスを交換し、ヘッドライトをLED化したし、、、最初にうんと手を入れた後も、ゴニョゴニョといじり続けている。またフレームにうっすらと錆が浮いてきて、やはり少しヤレて見える。でも、タンクのデカールは若干のひび割れ(貼る時に入った空気を抜くためにカッターの刃を当てた場所)以外、褪色も剥がれも見られない。3Mの「屋外で5年持つ」という能書きに偽りはなかったようだ。高いだけのことはあったな。

現在のタンクデカール
現在のサイドカバーロゴ(「S」を切り抜くのに苦労したのを思い出した)
レストア完成直後の写真

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像を添付 (JPEG only)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください