「Fiat 500」カテゴリーアーカイブ

シートベルトガイド その3

昨日買ってきたアルミ板を加工。ほぼ完成、、、っても、角を取り、磨いて曲げ、孔を開けただけだけどね。(作業は磨いてる時間が一番長かったが、その割に完全鏡面仕上げとは程遠い。(;´д`)トホホ…)

火の気の全く無い作業場で午後からもそもぞやってたら足と手の指の感覚がなくなってきた。おかげで仕事ははかどらず、すっかり暗くなってやっと出来上がり。

ヘッドレストの脚に固定するための部品(電工材料のケーブルグランドを流用)を取寄中だけど、まだ来そうにないので、発泡スチロールで仮のブッシングを作った。

冷え込む中、真っ暗な車の中でヘッドランプ着けながら、シートベルトガイドを背もたれに仮止めして、ちゃんと機能するかを確かめた。いい感じ! ベルトのリトラクトがぜんぜんスムーズ!

アルミ板が400円弱、ケーブルグランドが150円x2だから、ひとつ350円也。BMWの純正用品の7%、、、安っ!(笑)

(まあ、何時間か費やしたから、時給を考えたら特段安くもないか、、、)

シートベルトガイド その2 (from Instagram)

Fiat500のシートベルトガイドを作るアルミ材を東山仁王門の角井銅商店で分けてもらった。本当はフラットバーが欲しかったけれど在庫がないと言うことでカットしてもらった。ついでに斜めの部分を切り取ってもらった。これでずいぶん作業が楽になる。全部コミコミで388円なり。安っ!これで金属部分は明日出来上がりそう。固定用のケーブルグランドはまだ来ないけど、ラバーブッシュを自作して仮付くらいできるかな。 (from Instagram)

Fiat500のシートベルトガイドを作るアルミ材を東山仁王門の角井銅商店で分けてもらった。

本当はフラットバーが欲しかったけれど在庫がないと言うことでカットしてもらった。

ついでに斜めの部分を切り取ってもらった。これでずいぶん作業が楽になる。全部コミコミで388円なり。安っ!

これで金属部分は明日出来上がりそう。固定用のケーブルグランドはまだ来ないけど、ラバーブッシュを自作して仮付くらいできるかな。

 

 

Fiat 500のエアインテーク・ダクト交換 (from Instagram)

Fiat 500の暖房をオンにしたままエンジンをかけると排気の臭いがするようになった。

エンジンルームにあるエアインテイクダクトは以前から破れていて、車屋さんが巻いてくれたテープで何とか形を保っていたが、それも限界。

注文してあったダクトが今日届いたので、早速取り替えた。ダクトの上下をホースバンドで止めるんだけど、下部の方はジャッキアップして車の下に潜り込まないと締め付けられない。サイズがきつきつで結構手間取った。

エアインテークの口はエグゾーストパイプよりずっと上のルーバーの中にあり、ダクトを交換したら排気ガスの臭いもなくなった。

 

シートベルト・ガイド その1 (from Instagram)

もともとFiat 500にはシートベルトが装備されていなかった。(ベルトしないで運転しても切符を切られないのだ!)

誰かに後付されたベルトは上部アンカーの位置が低く、装着前にベルトを探すのが一苦労。そのうえ運転中に肩からずり落ちて気持ち悪い。

これまでヘッドレストの付け根にカラビナを引っ掛けてベルトを通していたが、角度がうまく合わないせいかねじれてしまうし、引っ張り出すのに力が要る。外す時にもうまく巻き込んでくれない。

それでシートベルトのガイドをアルミのフラットバーで作ることにした。ていうか、前から温めていたアイデアなんだけど、図面引き始めてあれこれ調べたら、なんとBMWの純正用品に全く同じ構造の「シートベルト・ホルダー」があった。一瞬触手が動いたけど、左右2個セットが送料込みで5000円位する。アルミのフラットバーなら数百円。。。選択の余地なし。

図面には完成予想図も入れたが、それに非常によく似たBMWの写真を見つけたので並べておく。ヘッドレストのポストを利用するアイデアと、もとより構造自体が非常にシンプルなのでメッチャ似ている。けど真似したわけじゃないもんね。

Fiat 500 革ハンドルカバー縫い付け

去年の冬に取り付けたハンドルカバーは安物の合皮だったんで、1年も経たんうちにボロボロ。

で、年末に安い香港製の本革ハンドルカバーを見つけて注文した。ところが何故か「税関に没収」されて来なかったので新たに買い直した。一瞬、また安い中国製に触手が伸びかかったけど、いやいや、同じことを繰り返すまい、と倍以上する日本の店に注文。(っても、1600円ほどだった。それと前回のは返金されたので問題はなかったんだけどね)

なにぶんチンクのハンドルは握りが細いから、巻く革が余ってしまう。今までのはペラペラだったので折返してそのまま縫い付けたけど、今度のは厚みが2ミリくらいあるのと本革なので折り曲げてもしっくり行かない。それで、カッターナイフで余分を切り取り、それをテンプレートにしてポンチで縫込み用の孔を開けた。

元のは苦労して取り付けた後にカバーが滑ってクルクルとずれることに気がついた。とても糸を解いてやり直す根気はなかったから、なんか握り心地に違和感があったままだった。今回は円周に両面テープを巻いてからカバーを被せたのでずれることはなくなった。

没収された輸入品は説明書が付いて無いということだったが、今度のは懇切丁寧なカラー写真入の説明書が入っていた。本当はカッコつけてクロスステッチにしたかったけど、寒いのと、手間が倍要るのと、付属の糸が足りるかどうか判らなかったので、説明書にしたがって作業した。縫い目は野球のボールのそれに近い形。(ボールの縫い目は2本の糸を交互に針2本で縫うのだけど)

狭いチンクの運転席で、防寒対策で着膨れているのと、針と糸を扱うために手袋は着けられないので指先がかじかんで、ちっとも捗らない。出来上がったらもう夕方、、、実質作業時間は2時間以上かかったかも、、、。暗くなる前に終われて、ほっ。

クロスステッチなんぞやってた日にゃ、今もまだやってたな。(笑)