「自動車・バイク」カテゴリーアーカイブ

Fiat 500 ウインドシールド交換(ボヘミアングラス!)

台風で割れたチンクのウインドシールド(フロントガラス)を交換した。宛先不明で川崎東郵便局で止まっていたチェコからのガラスが「正当受取人判明」でやっと今日届いた。

「正当受取人」の番地が抜けていたそうな、、、
弁天さんの祭り太鼓の練習が聞こえる
チェコのガラス。ボヘミアングラスやな。(笑)

すぐ交換作業に取り掛かりたかったけど、コーキングが無いと雨漏りが心配。それに、古いガラスを外したら枠がサビサビだったらどうしよう、とサビチェンジャー(正式名は知らないが、赤錆に塗ったら黒く固まって被膜になる液体)も要る。材料買いに割れたガラスで最後のドライブ。

そんなこんなで、まずはルームランプ、ドライブレコーダー、ETCアンテナなどの配線を外す仕事に取り掛かったのはもう3時前。しかもその後のガラスを外すのにえらい手間取った。というのも、古いウェザーストリップ(ゴム)は飛んできた物がぶち当たって切れてはいたが弾力もあり、ひょっとしたら再利用できるかも、というスケベ心が働いた。さっさとカッター切れば2分で済むものを、マイナスドライバーでゴムの縁をネチネチ押し込んで20分もかかってしまった。

苦労して外したが、古いウェザーストリップはやっぱり使えそうにない。
左右と上辺のゴムを押し込む。全周やる必要はない。
力を入れなくてもガラスは外れる。
このくらいの小さいガラスなら取り外し、取り付けに吸盤はいらない。

とまれ、無事にガラスは外れたが、、、下から出てきたのは以前の修理でいい加減に剥がしたシール(コーキング)の残り滓と、その上に乗っかった接着剤のようなシール材。このままだと水漏れの原因になるので丁寧に剥がし、ペイント薄め液で残りを拭き取る(ラッカーシンナーはダメよ)。これにも数十分。サビは幸い大したこともなく、サビチェンジャーを少し隙間に流し込むだけで済んだ。

黒いコーキングの痕跡の上に、半透明のコーキングが乗っている。かなりいい加減な仕事がしてあった。心配だったサビは思ったほどではなかった。
塗装を傷つけないようにプラスチックのヘラで古いコーキングをこそげ取る。
ヘラで取り切れないコーキングの皮膜をペイント薄め液で丁寧に拭き取る。サビの部分にサビチェンジャーを流し込みシールする。

次に、新しいガラスにウェザーストリップを嵌め込み、隙間にシリコンコーキングを打つ。はみ出てもいいようにマスキングをするが、マスキングテープが思うようにくっつかない。手近にあった養生テープのほうがよく着く。

ウェザーストリップの継ぎ目部分が下に来るように、とネットでは言っていたが、このゴムは継ぎ目が横にある、、、どうせえっちゅうねん!(裏表間違えると恐ろしいことが、、、)
ホームセンターの一番安いシリコンコーキングで十分

ゴムを窓枠の内側に引っ張り込むためのヒモをウェザーストリップの溝に埋め込んだり、はみ出したコーキングを拭き取ったりしていて、ふと気がついたら日が傾いて、薄暗くなっていた。

丈夫で滑りのよいヒモがいい。園芸用の緑のポリエチレン製。石鹸水やワイヤグリスとかは使わなくても特に問題なし。ヒモはガラス下部で10cmほどオーバーラップさせてある。

ガラスを所定の位置に載せたらもう5時半。急がねば。

おいただけだけど、もう嵌ってるように見える。。。

ま、あとはヒモを引っ張るだけだから、日が暮れてもできるわな。。。

ヒモ引きの儀は下辺、両脇と順調に進みあとは上辺のみ、となったところで、なんかちょと手応えがない感じ。外から見ると上のコーナーをまわったあたりからヒモがゴムを引っ張り込んでいないのが見える。押したり叩いたりしてもガラスは入りそうにない。ままよ、とそのまま最後まで引っ張った。あかん、、、上辺は全く浮いたまま。。。ガクッ。。。

ひもを引っ張り始めて、オーバーラップがなくなった直後。すでにゴムが引き込まれている。
左手コーナー。この後、左右辺の上部までは順調だった。
上辺に移るコーナーあたりから、ヒモがゴムを置いてけぼりにしている状態。

ウインドシールドの交換は、外からガラスを押さえたり叩いたり引っ張り下げたりする手伝いと「二人でやれ」といろんなところに書かれているが、独居老人には猫の手もない。

黄昏どきに心までタソガレてきたが、そう言っても誰も手伝ってくれないので気を取り直し、、、内側から、外すときの丁度反対の作業、つまりゴムをマイナスドライバーで少しずつ引っ張り込むことをちまちまと地道に行った。で、やおら外側からゲンコツでウェザーストリップとガラスをゴンゴン叩いたら、ゴソっという感じで納まってくれた。

ゴムの巻き込みが無いか確かめて、マスキングテープを剥がし、コーキングの汚れを拭き取り、最後にドライブレコーダーとETCアンテナ、それに車検シールを移植して完了。日はとっぷり暮れていた。

ウインドシールド嵌め込み作業完了。
ガラスが入ってないように見える!

新しいガラスは、当たり前だけどあまりに透明で、たよりないくらい何にもないように思える。サイドの窓と見比べたら透明度がまるで違う。白内障の手術を受けたらきっとこんなふうに見えるんだろうな。

夜間の対向車のライト光拡散もこれで低減されるはず。
サイドの三角窓は最近拭いてないので、余計に白内障状態。

以上、めでたく作業が、、、終わってない!

外部からもコーキングを施す必要があった。これは暗いとできない仕事。明日の昼にでも打ってやろう。。。


追記:
外側のコーキングも終わり、ガラス交換作業完了。

Good-bye, broken windshield!

Fiat 500の点火時期調整工具の製作準備

チンクの点火タイミングを調整するには、プーリーのマークをクランクケースのマークから10°ずらしたところでポイントが開くようにする。

ただ、この10°ってのがなかなか簡単には測れないので、普通はプーリーの縁にマークから13mmのところにペンキなどで印をつけて、それを目印にしてやる。

僕のチンクのエンジンにも以前に車屋さんがつけてくれた白い点が見える。しかし、どうも位置が怪しいし、点のサイズもやたらデカイ。なんとかしなきゃ、、(まあ、今の所は快調なんですぐに調整が必要とも思えないけど、そのうち、、、)

整備マニュアルなどにはその角度を正確に測るFiat社製の特殊工具があると書いてあるが実物は見たことがない。ないとなると欲しくなる工具フェチ。しかし、調べてみてもほとんど情報がない。

ヘインズ・オーナーズ・ワークショップ・マニュアルより

ところが、トレーラー登録のときにエンジン諸元表の入手でお世話になった人のTweetにその工具の写真がバッチリ出ていて、工具ナンバーが読めた。それで検索したらなんと、fiatforum.comというサイトで自作希望者のために工具を実物大でスキャンした画像と寸法を公開してくれている人があった。おお、ありがたい!!!

さっそく画像をプリントアウトしてダンボールに貼り付け、モックアップを作って実車に試してみた。ばっちしじゃん!!!

このまま実用になるか、、、(と思ったが、不安定でアカンかった、、、(;´д`)トホホ… )

ダンボール製ナンチャッテ工具!

実際に金属板で作るにしても、写真をそのまま型紙に使うのはなんかシャクなんで、ここでまた「どうでもええことしー」の根性がムクムクと頭をもたげてきた。。。 ちょうど、Illustratorに代わるフリーのドローソフト「Gravit Designer」を入手したばかりなので、練習ついでに写真を下敷きにこいつで図面を引いた。正確な図面が必要なならこちらからどうぞ

元の写真はスキャン画像で物差しも一緒に撮ってあり、スケールも正確に1:1だけど、図面にすると工具自体の「いい加減さ」が見えてきた。使えないという意味ではなく、さすがイタリアという偏見の言葉がつい口にでそうになるユルさ。

3本ある角度を表示したメモリの線の延長線が、プーリーの円周に沿った曲線(円弧)の中心点に集まらないのだ。

つまり、工具の下辺の円弧はどうやらプーリーの丸みをかわすためだけで、必ずしも正確にプーリーと同心円の一部だとは言えない、または、メモリの線は、位置はともかく、角度は「まあまあ」で引いちゃったと。。。(こんな具合でクルマ作ってるん?W)

まあ、10°(プーリー円周上で13mm)の位置が正確に決められるのであれば何でもOKなんで、うるさいことは言うまい。(って、もう言っちゃってるけどね W)

あとは3mmのアルミ板(本物は2mmの鉄製。ステンレスは塗装しなくていいなあ。だけど鉄やステンは固くて工作が面倒くさいし、アルミでいいや)と内径11mmのパイプを手に入れて、ちゃちゃっと作ろう。。。と思うけど、今すぐ必要ないのでいつ取り掛かるのかは知らんけど。。。

Piaggio Ciaoの心臓移植

先日、オリジナルの心臓はガチャガチャ音とともに動きを止めてしまった。症状を鑑みるとちょっとやそっとで修理できるとは思えない。バラしたり部品注文して修理するの面倒くさくて嫌だなあ。。。あ、ガレージの奥に部品取り用の不動Ciaoがあった!エンジンの見た目は汚れも少ないし、あれを使おう。

しかしドナーから外して持ってきた移植すべき心臓は、ほとんど使われていないのにクランク軸が回らない。さてはこいつも焼き付いているのかとシリンダーを外したり、クランクケースをばらしたりしたが、中はなんともない。

結局フライホイールのサイズがわずかに大きくて周囲に接触していたことが判明。こんなアホなことってあるのかな。このフライホイールは冷却ファンもフィンがあちこち欠けているし、別の車種の部品をぶち込んだのか???

こんなことなら、壊れたエンジンを修理したほうが早かったかも、、、。元のエンジンからフライホイールを逆移植すると言う何をやってんだか判んない状況で今日の作業は終了。 (from Instagram)

壊れたエンジン
Piaggio Ciaoの心臓移植。先日、オリジナルの心臓はガチャガチャ音とともに動きを止めてしまった。症状を鑑みるとちょっとやそっとで修理できるとは思えない。しかしドナーから外して持ってきた移植すべき心臓は、ほとんど使われていないのにクランク軸が回らない。さてはこいつも焼き付いているのかとシリンダーを外したり、クランクケースをばらしたりしたが、中はなんともない。結局フライホイールのサイズがわずかに大きくて周囲に接触していたことが判明。こんなことってあるのかな。このフライホイールは冷却ファンもフィンがあちこち欠けているし、元のエンジンからフライホイールを逆移植すると言う何をやってんだか判んない状況で今日の作業は終了。 (from Instagram)
元のエンジンとドナーから移植予定の比較的新しいエンジン(手前)
サイズの合わないフライホイール(フィン欠けが見える)と専用工具でクランクシャフトから抜く途中の「マトモ」なフライホイール(手前)

Fiat 500 ジャッキ固定バンドその他、製作

Fiat 500がうちに来た時からジャッキは欠如していた。で、適当なパンタグラフジャッキを流用して積んでみたが、なんか面白くないのでオリジナル(かどうかは不明だけど、とにかくFiat製)を手に入れて積み替えていた。(不安定で危ないという話も聞くが、、、)
 
ボンネットの下でそれらしく納まってくれる。ただ、平ゴムの固定バンドじゃなく、バイクのフック付き荷台ゴムで留めていたので、それも面白くなかった。
 
そこで、ネットでオリジナルの固定バンドを探したがなかなか無く、ようやく見つけたら1本800円也。ちゃんと固定するには2本要るから、たかだか10数センチのゴムバンドにD環が付いただけのものに1600円+送料はよう出さん。
 
で、またまた自分で作ることに、、、
 
適当なゴムを探したが、厚みがあるとうまく伸びてくれず、フックに引っ掛けるのに苦労しそうだし、薄いタイヤチューブではどうも張力が足りなくて、悪路ではジャッキが暴れてボンネット内部が傷だらけになる恐れがある。困った。
 
しばらく温めていたが、はたと思いついた。別にゴムの張力に頼らんでもええやん!山行きのバックパックではナイロンテープ(ストラップ)とバックルが締め付けに大活躍してる。この組み合わせは締めたり緩めたり外したりが楽ちんだから、もう昔のように革ベルトと尾錠には戻れない。これを使えば、ゴムの張力に頼らなくてもジャッキはしっかり固定できる。
 
 バックル類は一個数十円だし、テープ(ベルト)も1メートルでせいぜい200円ほど。Fiatの専用ゴムバンド(半世紀も前の車の部品が手に入る事自体は奇跡的で素晴らしいことだけど、、、)の1本分であれこれ4セット作ることができた。
早速締めてみた。ゴムのように伸びないのでガッツリ固定できる。
左、荷台用のゴムロープとフック  / 右、ナイロンスクールバッグとバックル
ついでに同じく欠損していたスペアタイヤの固定バンドと、後部座席の背もたれのフック付きバンドも作った。

Fiat 500のオーバーヒート対策(残念!せっかく手に入れたトーションスプリング使えず、、、)

先日から、チンクエチェントのエンジンルームに籠もる熱気をフードの隙間から外に逃がす方法をあれこれ考えてきた。

チンクファンの中にはフードをアバルトのレース仕様やルパン三世のアニメに出てくるような上ヒンジに換えてガッツリ開いている人もいるが、そこまで大仰な改造もちょっと気恥ずかしい。http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-1c-e7/toyorini/folder/61223/40/19295640/img_20?1294153218https://iwiz-chie.c.yimg.jp/im_siggO9nKQ6H7SQItMglbxO4TKg---x320-y320-exp5m-n1/d/iwiz-chie/que-10188873545

もっと簡単に、オリジナルの下ヒンジのままフードの上辺を少しだけ開く方法もあるにはあるが、売られているフック(ステー)はベラボウに高い。

んじゃ自分で作ればいい。ってんで、ネットで見かけたものを参考に、ホームセンターでステンレスの丸棒フックと平板などなど買ってきて、苦労して曲げて、それらしく出来た。

フックを開いたときに定位置に固定したり、閉じたときに内部でブラブラしないように昨日偶然見つけた機料(織り機の材料)の店トーションスプリングを入手した。しかし、ことはそうウマく運ばなかった。ばね定数や巻き数から考えて使えそうと思ったスプリングは2つとも左巻きなのと、内径が軸に対して少し大きすぎ、また焼きの入ったアームの加工がなかなか難しい。

せっかくの出会いで見つけたトーションスプリングだけど泣く泣く使用を諦め、残念ながらバネに関しては根本的に構造を見直さないといけなくなった。(バネを特注すればいいんだけど、面倒くさい)

回転軸にねじりバネを入れなくても、要はフックがフードをガッチリ掴むように内向きに引っ張れば良いわけ。見た目は美しくないが引きバネをフックの中ほどに取り付けて、エンジンベイ上辺にあるフードロックのキャッチに引っ掛けるようにした。

実際に取り付けてフックの動きやフード固定具合の確認をした。ガタつきもなく問題なさそげなので、そのまま試運転で街に下りてみた。今日も35℃くらいはあっただろうか、、、帰りに普段は通らない峠を越える道を登ったが、油圧低下(油温上昇)の兆候はみられない。しめしめ!

ただ、冷静に構造を見てみると、渋滞したときにエンジンルームの熱気がすぐ上にあるクーリングファンの吸入口に流れ込むんじゃないか、という心配は残る、、、。(ルパン三世やレーサーたちがわざわざフードを上ヒンジに改造した理由はここだったのか?)

それに、よく考えてみたら、元々クーリングファンに行く空気はエンジンルームの熱気とは何の関係もない外気なんだから、いくらエンジンルームの熱を下げても、気温が高けりゃエンジン自体の冷却に関しては意味ないかも。。。(何を今さら!!!笑)

ま、エンジンルーム内に移設されたバッテリーや点火コイル、コンデンサー、配線などへの熱害は相当減るんで、今回の小改造も全く無意味というわけでもないが、、、。