「自動車・バイク」カテゴリーアーカイブ

XL250Sのライト

先週、夜晩く衣笠開キ町あたりを原谷の家に向かって走っていたら、突然バイクのヘッドライトが消えた。LowビームにしてもHighビームに戻してもダメ。暗い千束の谷底の道を通らなきゃならないのに、、、(でもまあ、街からの帰り道で後数キロだから何とかなったんだけど)

一瞬、頭をよぎったのは、8年前、ネットで見つけたこのXL250Sを買いに愛知県の江南まで行った帰りのインシデント。

ネットの写真ではきれいに見えたけど、実物見たら、やっぱ何十年も前の物だから錆だらけだし、タンクも凹んでるしで、年相応。ただ、試乗させてもらったらエンジンは大丈夫そうだし、6Vで弱っちい電装もウィンカー、ライトなどちゃんと作動していた。ブレーキもOK。フロントフォークなどもバラしてオイルの交換もしてあった。

「買いたいんだけど、京都まで乗って帰れる?」と聞いてみたら、即「ダイジョブ」との返事。よほど自信があったんだろう。バイクショップの主人の兄ちゃんも、なんか、信頼できそうだったし。そんで、それを信じて、チンタラ乗って帰る途中、雪のちらつく関ヶ原を過ぎ、湖東を走ってるときに日が暮れた。

で、ライトを点けようしたら、ウンともスンとも。場所ははっきり憶えてないが、江南から京都まで140kmの道半ば。まだ琵琶湖大橋も遠いのに。。。

ヘッドライトをバラしてランプを見たり、ヒューズを確かめたりしたが、何ともない、、、。昼間は点いてたのにぃ、クソ!埒が明かないので、スモールだけで、パトカーに出会わないよう(かと言って完全に真っ暗な田舎道は前が見えないし、、、)コソコソと裏道を通って帰ったら、家に着いたときはすっかり夜も更けていた。

ちなみに、バイク屋さんの名誉のために書いておくと、翌日、配線の導通をチェックしてみたらライトのオン/オフを司るスイッチボックスの中で目視では判らないハンダクラックが発生していた。おそらく、長距離の移動中に振動で元々は接触していたクラックが広がってしまったのだろう。こんなものは前もって調べようもない。

閑話休題。

XL250Sの電装はバッテリーが6Vで元々頼りないので、すぐにウィンカーなどが点かなくなる。そんで今は補器のライト関係をメーターからテールランプまで全て、電力消費が少なくて来れる心配もあまりないLEDに差し替えてある。バッテリー系統を介さない交流のヘッドライトを除いて、、、。

流石に6V、交流に対応するLEDヘッドライトの球はなかなか見つからない。ヘッドライトとテール/ブレーキランプ以外は直流化されているので、そちらの回路からヘッドライト用に線を引き出せば良いのだけど、せっかく豊富に発電している交流を捨てるのが忍びない、という超ケチ臭い根性が邪魔をするのだ。

で、遅まきながら、ヘッドライトの不点灯の原因だけど、、、やっぱ単なる球切れだった。

先に書いたインシデントのために、先ずはスイッチボックスを疑った。件のハンダクラックは当然修理したけど、他にもハンダ付けされた場所は幾つもあるからだ。それでスイッチボックスを外して導通を調べたが何ともない。ヒューズも調べた。ここに来てやっと球切れを疑った。順序が逆だろ。(笑)

ただ、球切れだと思わなかった(ある程度)合理的な理由もあった。それは、High/Lowを切り替えても全く点かなかったことだ。2本あるフィラメントが焼ききれてもどちらかは生きているはず。。。なんだけどね。

切れたハロゲン球を取り出してみてびっくり!見事、真っ二つに破裂していた。これじゃHighもLowもクソもないわ。

車やバイクのもそうだけど、プロジェクターのランプなども寿命が尽きる時に破裂することがある。というか、ボンッ!と大きい音をたてて破裂してオシャカになる。高輝度を出すために希ガスが封入されている。点灯時は相当の高温になるので球内部は高圧になる。ガラスが耐えられなくなって割れるとこんな結果になる訳。

今朝、替えの球が届いたので早速交換。1分で仕事完了!XLはエンジン音がうるさいので音は聞こえなかったなあ、、、

ま、メデタシメデタシ・ドンドハレ

下のリンクは、レストア直後のXL250Sの晴れ姿。https://www.facebook.com/3650742706292

Facebookアカウントない人はこちら


Fiat 500X の人相

物のデザインの根底にはどこかにAnthropomorphism(擬人化)という要素があって、デザイナーが意識しようがしまいが、受けとめる方は作品・製品の中に人の姿を見て取る。特に自動車のフロント部分はマスクやフェイスという言葉が使われるほど、まさに顔そのもの。それ故、作り手はその車のキャラクターをその顔に反映させようと腐心する。
 
ところが、巷に数ある車種を見渡すと何故か「人相」の悪いヤツがかなりの割合で存在する。人間社会には一見コワモテだが接してみたら優しいというような内外一致を見ない人も多々いるけれど、それは遺伝や育った環境によるもので本人の責任じゃない場合が多いと思う。しかし自動車の場合、会社を挙げて検討した上で、意図的に「人相」を悪くデザインしたマスクってどうよ。見て心地よくない工業製品なんてイカガなものか、と思ってしまう。
 
こちらに向かって走ってくる車がイカツイ顔してたら、険悪な顔つきをしていたら、出くわした方はまるで楽しくない。作った人も、それを選んで乗っている人も、ちょい悪オヤジを気取ったつもりなのかもしれないが、、、こちらは、怖いとまでは感じなくても、全く親しみを覚ないし、まして微笑ましいとはとても思えない。そんなふうに作られてしまった車が僕は可哀想にさえ思える。
 
手前ミソだけど、自分の乗ってる「笑顔のチンク嬢」(画像:https://bit.ly/30a10G7)に出会った道行く人たちは大人も子供もニコってしてくれる。すると、彼らの笑顔は僕に対してじゃないのだけれど、運転者の僕までつい嬉しくて無意識に微笑み返してしまう。そんな時、ウインドシールドのガラス越しにその人たちとの一瞬のつながりができたような気さえする。そして、それだけに彼ら歩行者という交通弱者にとって凶器にもなりうる危険なものを自分が乗り回しているのだということを意識せずにはいられなくもなる。
 
閑話休題。昔の人気車種にあやかったレトロデザインの車にVWのBeetleやBMWのMini、Fiat 500などがあるが、どれもそれなりに元のデザインの雰囲気を取り入れていると思う。しかしBMWの新MiniはBMCのオリジナルに比べて始めからかなり大きかったうえに、モデルが更新される度にどんどん大きくなり3ナンバーサイズの車格のものも出てきて、とてもじゃないがもはや「ミニ」を名乗るのはやめればいいのに、と他人事ながら思ってしまう。
 
一方、Fiat 500は、新しい(といってももう発売から12年経つ)Fiat 500シリーズは、古いFiat 500(1957〜77)の面影をよく残し、またサイズ感も先代から引き継いで小ぢんまりとまとまっていて、そのデザインセンスにとても好感がもてた。
 
ところがあるときからFiat 500L(Lはラージの意味らしい)という大柄な4ドアモデルが出てきて、その好感も薄らいでしまった。500も新Miniの二の舞か?と、相当がっかりした(まあ、別に僕が買うわけじゃないのにね)。500Lは大きすぎて新Fiat 500のプラットフォームでは間に合わずPuntoをベースにしたらしい。また、顔も旧500をモチーフにしたとはいえ、引き伸ばされたためかどこか間延びしてしまった。その上、目が吊り上がって、かなり残念。。。
 
さらに、今度は500XというSUVまで出てきてしまった。当然4ドアで、車高も上がり、でかい500Lよりさらにかさ張っている。しかも、、、さんざ長々書いてきて、実はこれが言いたかったんだけど、、、顔つきがとんでもなく悪い。間延びした500Lの吊り目どころじゃない。何考えてるか判らない、どよよ~ん、どろ~んと下瞼の垂れ下がった、険悪でキモい目つき。何じゃ、コレ!あかんやろ。いちびってちょい悪オヤジ気取りしてる車が可愛く見えてしまうがな。こうまでして「500」を引っ張らなくてもええやろが。なんぼええ車でも、文字通りFiat 500の面汚しやんけ。(ま、あくまで個人の感想ですぅ。。。)
 
ほんま、知らんけど。
https://www.fiat-auto.co.jp/500x/