「偽道具」カテゴリーアーカイブ

ポリカーボネートを曲げる

熱に強いポリカーボネートを使って染物の蒸し器の内箱を作ろうとしている。(外箱は檜)

家庭用簡易染物蒸し器

本当はステンレスの板金でやろうか、と思ったんだけど、型に合わせて切り抜くのが面倒だし、シャープで手を切りそうな切り口の処理も必要。かといって外注するととんでもなく高くなりそう。

そこで、130℃くらいまで耐熱性があるポリカを選んだと。蒸し器内部は水蒸気で満たされるため100℃止まりだから、30℃のマージンで十分だろうと。ところがその耐熱性が仇となって、アクリルや塩ビのようにニクロム熱線での曲げが難しい(できないことはないけど結構高熱にするためタイミングが微妙)らしい。じゃあ、ポリカがアクリルより強靭であることを逆手に取って、板金のベンダーのようなもので曲げればいい。実際、ヘルメットのシールドや帽体などに使われる丈夫な素材なので、曲げRがきつくても割れたりしないし、折れ曲がり降伏後の極端な強度低下がない。ただ、強靭なだけにモノサシや机の角でひょいと曲げたりはできないので、ベンダーがどうしても必要になる。

株式会社アマダ Websiteより

上の機械は数千万円だとか。もうちっと小型のヤツもアマゾンとかで数千円で売ってるけどね。

Amazon websiteより

しかし、うちにそんなベンダーなんぞ都合よく有るわけもない。。。今後、使う予定のないものに数千円ですらもったいない。が、無ければ作るだけのこと。

いつもお世話になる昆布金物店で鉄アングルをわけてもらい、あり物の2X4材にネジ留めして、長ネジとバネ、ワッシャーとナット、自動車のジャッキを大釜に放り込んで半日グツグツと煮込んだら、あ~ら不思議!ベンダーが出来上がったじゃあーりませんか!(嘘)

手製ベンダー

ありものの2X4材は長さ61cmしかなく、50数センチのポリカを曲げるために長ネジの孔を外へ追いやらねばならなかった。強度計算したわけじゃないけど、曲げたいポリカは1mm厚だからなんとかなるんじゃね?曲げのRができるだけ小さくするために、1本のアングルの辺がエッジ状に尖るようディスクサンダーとヤスリで研いだ。受けになる方のアングルの辺は丸みを帯びたまま。

長ネジも長さ30cm足らずしかなく、図面なしで場当たり的に作ったのでジャッキを噛ませたらカツカツだった。押しバネ圧縮最短の長さが長すぎてエッジが下がらないので、バネを逃がすためにアングルの両端をディスクサンダーで削り下げた。

0.5mm厚のアルミ板で試運転。楽々曲がって、曲げRも申し分ない。だが、裏側のアングルに触れたところが若干傷になった。そこで、ポリカではタイヤチューブを切って下に敷くことにした。

次は本番と同じ厚み1mmのポリカ板を直角に曲げてみた。幅も本番で曲げる最大に近い45cm。かなり抵抗があり、ジャッキのハンドルを回すのに力が要る。(もっとも、長ネジの長さ足らずのために上下スペースが窮屈でパンタグラフ・ジャッキがペチャンコ状態でしか使えず、あまり力が発揮できないんだけど、、、)。

1mm厚ポリカーボネートを曲げる

上部アングルの形状から90°より急な鋭角にはできないことになってる。でも、そこはポリカの柔軟性で、スプリングバックを考慮して鋭角まで無理に押し込んでみた。結果は、スプリングバックのせいで鈍角の120°ほどで落ち着いた。実際の蒸し器の部品としては直角に曲げることが無いので、これで十分である。(アングルに施した「エッジ」自体が90°ほどなので、無理やり押し込んでもアングルの厚みによって折れ曲がりのシャープさが失われる恐れがある)

曲げの内側は直角にならず、鈍角までスプリングバックした。

大成功である。が、蒸し器の製作以後はポリカも板金も曲げる予定がないので、なんとも無駄な特殊工具として作業場に転がることになる運命だ。


以下、製作過程おさらい

 

 


Radio Flyer と 戸車カート

アメリカで学部生時代に僕の指導教授だったLyle Laske(今は友達だから敬称なしの呼び捨て、、、てへっ)が、かの地では知らぬものがいないほどの、もう「文化の一部」と言ってもよい玩具をモチーフにした楽しい動画を知らせてくれた。

かつて多くのアメリカ人の子どもたちが遊んだ、いや、今も遊んでいるミニチュア荷車のような赤い手曳きの「Radio Flyer」というワゴン/カートがあるんだけど、Antonio Pasinという若いイタリア移民の家具職人がシカゴで木製のワゴンを作り始めたのがその始まりだったそうな。第一次世界大戦前夜の1913年に16才でアメリカに来たPasinが作る、本物の荷馬車を模したワゴンにも希望と気合が入っていたことだろう。船旅時代にアメリカにたどり着いた多くのヨーロッパ移民と同じように、彼がまず最初に目にしたものは自由の女神像(Statue of Liberty)だったにちがいない。Pasinは彼の最初のワゴンを「Liberty Coaster」と銘打ったことからもその気概がうかがい知れる。

さて、Pasinが木製ワゴンを作っていたころ、世界で最初の流れ作業ラインでT型フォードが大量生産されていて、その板金パーツ製作には金型プレスが使われていた。それまで自動車は当時のハイテク技術の塊で、先端技術者や熟練職工が技術・労働集約的に製造していたので、めっぽう高価で一部の大金持ちのものでしかなかった。しかしHenry Fordは自動車をライン量産により効率化とコストダウンをすることで(相当に大変な出費だけどね)一般の労働者でも買えるようにして、一躍時代の寵児なった。フォードの成功にヒントを得たPasinも金型プレスで打ち抜き整形すれば、手間のかかる木製より製造コストがさげられ、誰でも子供たちに買い与えられる安価なワゴンが作れる、と板金ボディーのワゴンを作り始めたという。そして、今度はラジオ(Guglielmo Marconi)と飛行機(Wright brothers)という当時最先端の技術からそのワゴンを「Radio Flyer」と命名した。(この辺りはWikipediaなどから掻い摘んで書いている)

生まれついての家具職人であったPasinがその木工技術に固執することなく、いかにもアメリカ的な大量生産方式へサクッと転換できたのは彼がまだ若かったからだと思う。アメリカという国もまだ若く、その成長に乗っかって成功した若者の一人だったPasinはちっさい4輪を作っていたので「リトル フォード」と呼ばれたらしい。もちろん彼の成功は若さや時流に乗っただけでなく、その目先の利く決断力や行動力があってのことだけど。

それにしても「Radio Flyer」という安直で意味のわからん名前を考えついたのはラテン系という彼のおおらかな素質のお陰か、それともまだ英語が上手く使えなかったためのか、、、(「不思議な英語の商品名」と言えばSonyの有名な音楽プレイヤーで、英語的には不自然な響きの「Walkman」を思い起こすけど、あれとて初めアメリカではもう少し英語らしい表現の「Walkabout」と称されていた。何かの拍子に日本での商品名の「ウォークマン」があちらでも使われるようになり、いつの間にかそれが受け入れられてしまったとのこと)。何にせよ、今ではアメリカ社会で「Radio Flyer」もこの手のワゴン/カートの代名詞となっている。そしてそれとともに育ったアメリカ人たちは、人種・貧富を問わず老いも若きも、それぞれに自分だけの夢や思い出を「Radio Flyer」に乗っけているのだ。
Radio flyer wagon 1950's and young girl

ちなみに、下の動画に登場する男の子の名前はAntonioで、それは当然Antonio Pasinへのオマージュであり、また、彼のグランパがびっくりしたときに発する「Santa Maria!」も彼らがイタリア系であることを示唆している。シンプルな3Dアニメだから英語が解らなくてもこの動画は観れば話の筋は判るけど、このあたりはやはり聞き取れないと、判らないだろう、、。

振り返って、僕が子供の頃つまり60年以上も前の話だけど、残念ながら日本では誰も「Radio Flyer」なんぞ見たことも聞いたこともなかった。ただ、子供のニーズは世界共通で、今のようにネットがなくても、自然発生的に似たような玩具が存在していた。ていうか、当時の(日本を含め、アメリカのように裕福じゃなかった国の)子供は欲しいものは自分で作るか、年長者に作ってもらっていた。だからRadio Flyerそのものじゃなくても4輪のワゴン/カートだって有ったのだ。ただし木製。木の切れっ端を幾つかつなぎ合わせた板に釘で戸車を4つ打ち付けて縄を付けただけの、いわば台車のような代物だけど、機能的にはアメリカのカウンターパートに引けを取らない。気の利いたバージョンは飛行機のラダーを動かすフットバーのように足で操縦するステアリング機構さえ奢られていたのだった。

この戸車カートについてLyleに説明しようとPhotoshopで写真をコラージュしてでっち上げた。なかなか上手くできたのでここに上げておく。ああ、僕の木製「Radio Flyer」が懐かしい。

My version of Radio Flyer cart

4輪のワゴン/カートではないけど、アフリカには「チクドゥ chukudu/tsikudu」という、木でできたキックスクーターのような2輪の乗り物がある。これは、子供の玩具としてだけでなく、大人が荷物の運搬に実用しているらしい。発祥の地、コンゴ民主共和国に繋がりの深い友人によるとあちらではもっぱら大人用、でもタンザニアじゃ子供の玩具とか。そういえばアメリカでも大人が「Radio Flyer」で花の植木鉢やガラクタなどちょっとした荷物を運んでいるのを何度か見たことがある。今、大人の僕は玩具としての「chukudu/tsikudu」が欲しくてたまらない。作りたいな。

chukudu/tsikudu
Chukudu/tsikudu: アフリカで利用されている木製二輪車。地域によって大人が荷物運搬に実用していたり、子供の遊び用乗り物であったりするそうだ。(POPOFカレンダーより)
タンザニアの木製二輪。コンゴとちがい、子供の玩具として使われることもあるようだ。写真のものはルカニ村の子供の手作りだとか photo: Nojiko Fushihara

大人が使うということで思い出した。子供の頃に乗っていたあの木製「Radio Flyer」の自作バージョン(上の写真)とよく似たものがうちのガレージに転がっている。うちの古いFiat 500(Cinquecento:これも玩具っちゃあ玩具なんだけど、、、W)がしばしば故障するので、修理のためにその下へ滑り込めるように、合板の切れっ端にキャスターを付けたクリーパー(寝板)をでっち上げたのだった。もしも僕の木製「Radio Flyer」が今もあったら、それを使っていただろうな。

自動車修理用にでっち上げたクリーパー
自動車修理用にでっち上げたクリーパー

なんか、Lyleの知らせてくれたYoutube 動画から、あちこち妄想が走り回ってとりとめがないというか、収拾がつかなくなっちゃった。長くなったのでこれでおしまい。


顔認証対応?マスクの製作

仮面劇じゃなくても、マスクを被ったら自分以外の誰にでもなれるような気がする。そんかし、自分じゃなくなっちゃうんね。。。

マスクを付けていながら自分という人間を全面に押し出したい、自意識過剰、というか自己顕示欲過大な人間にとって、自分を失わずにCOVID-19の世を生き抜く小道具を作ってみた。つまり、マスクの下に隠れている顔の部分(鼻と口)を紙に印刷してマスクの上に貼り付けてやろう、という魂胆。

スマホの自撮りカメラで正面画像を1枚撮るだけでもいいのだけれど、ちょっとだけ手間をかけてやった。いかに平面的な顔立ちの東アジア人とはいえ、それなりに顔面は湾曲している(だから大抵の気の利いたマスクにはタックが取ってあるし、安物のアベノマスクでも耳掛けゴムのところで自然にギャザーが寄るようになっている)。そんで、正面の画像に加えて、左右の斜め前からも撮影した画像を合成したと。

若干大きすぎたきらいがないでもないが、、、僕の顔に見えなくもない、くらいには仕上がっている。(はたして、しかしこれを装着して街を歩く勇気がでるかどうか、、、)

追記:

郵便受けの中から取り出しもせず打っ遣ってあったアベノマスクがあることを思い出した。次回投稿。(動画あり)


偽マックをなだめすかす

この一見なつかしいPower Macintosh G3の「ような」マシンは、素性が素性だけになかなか言うことを聞いてくれない。(写真は数年前のOSがEl Capitanの頃のもの)

まず、ちゃんとスリープができない。いろんな要素が絡まっているらしく、あれこれ手当してみたが眠らせると二度と起きてこない。いや、現状では起きようとするのだがスクリーンがブラックアウトしたままなので、目を瞑ったまま歩き回る夢遊病者のようなもんだ。(手当をする度に症状が変わる!)

ただ、地下室に在って常に使うものじゃないのと、SSDとCore i7のCPUのおかげで電源OFFの状態から起動するのに30秒ほどしかかからないので、スリープなしでもさほどの不便はない。

別の問題のほうが深刻でときどき手を焼かされる。システムを終了するときに「再ログイン時にウインドウを再度開く」のチェックを外しているにもかかわらず次の立ち上げで終了時のアプリが再現され、しかも終了のプロセスまで辿ってくれるもんだからあれよあれよと言ううちにシステムが終了してしまう。あとは、なんど立ち上げても同じことの繰り返し。

リアルMacならNVRAM/PRAMをリセットすると何とかなるのかもしれないが、夢見てるような偽マックにはそんなものは無い。仕方なくClover(boot loader)のブートオプションに-x(safe mode)付けて立ち上げて、偽Macの記憶こびり着いている訳のわからんものをクリアするしかない。しかしこれは十数秒ほどのPRAMクリアと違い下手すると数分かかる。そんでまた再起動。

そうしょっちゅう起きる症状でもないので長らく放ったらかしていいたが、ふと、窓やタブをいっぱい開き散らかしたFirefoxや重たいグラフィックソフトなど、終了に時間がかかるものを、ちゃんと閉じずにそのままエイヤッ!とシステムを落とすと、こうなるのではないか、と思いついた。なら、丁寧に全てのアプリを閉じてからシャットダウンすれば良いだけのことなんだけど、根が面倒くさがり屋なもんで、、、

そこで開いている「アプリを一発で全部閉じる」方法を考えてみた。かつてMacにはそういう3rd パーティーアプリがあったような気もするが、そんなの探さずともApple Scriptでなんとかなるかもしれない、(とは言うもののApple Scriptなんて勉強したこともないけどね)。MacにはAutomatorという、いろんなことを自動化してくれるアプリが標準で付いていて、スクリプトを動かすワークフローやアプリを作ることができる。調べてみたら「全てのアプリケーションを閉じる」というのがプリセットで用意されていた。これでアプリをでっち上げることができる。

ついでに、同じアプリに「tell app “Finder” to shut down」つまり「Finderアプリにシャットダウンするよう告げよ」とスクリプトを書き込でやれば手間が省ける。しめしめ、と思ったが、一応、Automatorに突っ込んだ順で実行されるのだけど、最初の全てのアプリを閉じるのがどんだけの速さで行われるのか判らん。お片づけxxxxxが終わらないうちに次のスクリプトがちゃちゃっとシステムを落としてしまったら、元々の問題を再現してしまいかねない。そんじゃあ、わざわざアプリまででっち上げて、何をやってるのかわかんねえじゃん。ということで、さしたる根拠もなく、スクリプトの実行を5秒遅らせる「delay 5」というおまじないも入れておいた。

はたして、今のところ偽マックのお目覚め(ていうか、スリープじゃないから生き返りか?)は快調そのもの。

最後の仕上げに、Automatorで作ったアプリはAutomatorのアイコンになってしまうので、適当にでっち上げたアイコンと入れ替え。(Terminalのコマンドに「iconutil」というのがあって、これで画像をアイコンにしたり、アイコンを画像にもどしたりできる。どうでもいいけど、まあ、結果的にとても品のないアイコンになっちゃったけど、、、動けばよしと)

 


親指の故障

トイレの修理中に起こった突き指で、2週間経った今も左手親指に痛みが残る。

普段の生活にはさほど影響がないんだけど、バイオリンを弾くと「あれ?」ってなことになる。本来、親指はバイオリンの弦を押さえるのに使わないから添え物のようなもんで、普通に演奏する分には問題ない。ところが指板の高いポジションに行くと、親指をボタン(ネックの付け根)に引っ掛けて人差し指との間をうんと広げないといけない。ところがこのV字の角度が以前のようには開いてくれないのだ。

無理やり開くと痛くて飛び上がりそうになるから演奏どころではない。湿布や抗炎症・鎮痛の塗り薬も気休めでしかない。うーん、もうこの楽器は弾けないのだろうか、、、

まあ超高音を弾かなきゃいいんだけど、最近よく練習する『The Song of the Birds』のちょっと込み入った和音が入ったやつとか『Transylvanian Lullaby』はやたら高い音が入ってる。前者などはA7(440Hzのラから3オクターブ上)というとんでもな高音で、指板の端まで行って、落っこちそうになって終わる。今まではそこまで何とか届いていたのに、、、。

チェロみたく親指をネックの下から外してしまうという手もあるにはあるけど、どうも僕はポジションを指の開き具合で憶えているのか、上手く音程がとれない。共鳴胴がないので楽器の機能としては必要のない、ネックの付け根の「肩」にあたる部品を外してしまえば少しは楽になるかもしれないけど、ここに手のひらを当てることでやはり指の位置をしっかり固定できるから、それも上手くないし、、、

便所の修理は高くついたのかも、、、(;´д`)トホホ…

これくらいなら痛くない。
ここまで来ると激痛! (親指をボタンの位置から外しているのが見える)