Day 20 photo / 0908

アマルネス⇒ヨックモック

ヨックモックって、聞いたことあるなあ、と思ったらどっかのお菓子屋さんの名前。縁もゆかりもなさそうだけど、、、調べてみたら、その会社の社長かだれかがこの街が気に入って、名前をイタダキ〜、みたいな感じだそうな。どうでもいいけど。。。

サーミ語だけどね。

急ぎ旅でなかったらのんびりゆっくりしたいところだけど、、、

2016-09-08-01-32-33
フィンランドの大手お菓子屋さんファッツェルのゲイシャチョコ。スウェーデンでも売られてる。しっかし、何ちうネーミングなのさ?
2016-09-08-06-32-18-hdr
泊まったAmmarnäs Wärdshus(ウェルチュス?)は釣りとレストランとホステルの宿。 ここはアマルネスから北へ向かうKungsledenの入り口にある。
2016-09-08-06-32-45
Kungsleden北へ。。。しかし、このまま徒歩で北上すると途中のテント5〜6泊を要する区間で人と出会わなくなる可能性があり、本来は望むところだけれど、ちょっとヤメといたらっていう忠告に従うことに、、、うーん
2016-09-08-06-32-50
この先へ歩いて行きたいのになあ、、、季節が晩すぎるって、、、残念
2016-09-08-06-36-39-hdr
まずアマルネスからバスでソルセレへ行き、そこからヨックモックに出ないことには、Kungsledenの中抜きができない。で、ヨックモックからイェリヴァーレへ向かうバスに乗り換え、途中で下車し、イェリヴァーレからリッツェム行きのバスに乗ることに。終点まで行かず、ヴァッコタヴァーレの山小屋近くで降りる予定。2日かかる、、、とほほ
2016-09-08-06-36-15-hdr
小さな小屋がアマルネスのバス停

2016-09-08-07-06-30

2016-09-08-08-58-45-hdr
ソルセレは小さな町。でも鉄道が来ている。路線保守のおじさんの乗り物、欲しい。。。
2016-09-08-11-36-20-hdr
Thaimatのmatはフードのこと。なぜか、ケバブやハンバーグと書いてあるが、おっちゃんとおねえさんの前にあるナベには正真正銘のタイ料理が入っていた。美味かった。(デンマーク語だとThaimadになる。。。タイ狂い???)
2016-09-08-11-29-55-hdr
フツーにスウェーデン人家族でタイ料理を買っていた。美味いもんは美味い。
2016-09-08-11-46-34
トロカデーロという飲み物は、なんかスウェーデン人にとっては懐かしいものらしい、、、ストックホルムじゃこの頃見かけないなあ、、、と言う人もいた。(実は空港でも売っていたんだけどね)
2016-09-08-14-25-54
ヨックモック到着。(季節外れで人がいないけど、のんびりした良い感じの街。馬頭琴奏者の岡林くんは懐かしいって行ってたけど、ここで馬頭琴を弾いたのだろうか、、、)   ところで、Bussgodsはバスの神々ではない。。。Bus+Goods(物品)つまり貨客バスということらしい、、、。あとで、これが神に見えるときが来るとは、、、
2016-09-08-17-18-25-hdr
ヨックモックのユース、オスゴルド。古い屋敷を良い感じに使っている。が、客は僕ひとり。

2016-09-08-17-34-57-hdr

2016-09-08-17-44-45

2016-09-08-17-46-11
電柱がないので地下ケーブルの配電盤のようなものがあちこちに生えている。。。このステンシルは正式のものか、誰かのラクガキかわからないが、、、どの箱にも描かれていた。
2016-09-08-18-00-07-hdr
北欧らしい木の教会の鐘楼。
2016-09-08-18-02-14
緯度が高いため、サテライトディッシュが下を向いている。。。風で傾いたんじゃない。日本の中央より緯度にして30度も北にあるからなあ、、、 あ、ヨックモックはギリギリ北極圏内!
2016-09-08-19-53-01
オスゴルドのユース内部。落ち着いた良い感じ。でも、だれもいない、、、(完全にオフ・シーズン)

2016-09-09-01-16-02

2016-09-09-01-24-31
ピザ屋さんへ行って、「小さい」ピザとトナカイの肉と頼んだら大量のマッシュポテトが付いてきた。。。先に食べ放題サラダをおかわりしなきゃ良かった、、、げふ
2016-09-08-18-52-34
ヨックモックの夕暮れ
2016-09-09-18-56-00
ヨックモックの公演にあったサーミとトナカイの、、、なんていうんだろ、オブジェ?

 

Day 20 text / 0908

ネットがつながっている間にと、あれこれ調べたり考えたりしている間に、夜が明けている、、、。決断に時間がかかるのは仕方ないとしても、これがもしも今日もまた山へ向かって歩くという選択だったら、、、ちょっとまずいね。
アンマルネスから朝7時のバスでソルセレという鉄道のある小さな町へ向うとき、バスステーションでBussgodsというサインを見る。バスの神々?と一瞬思った。でもバス+グッズ、つまり貨客車ってこと。普通の長距離バスの後輪から後ろがトラックみたく四角い箱状の貨物室になってる。パワーゲイトが付いていて本格的。しかも、バスステーションは貨物の積み降ろしプラットフォームになってるし。日本でも僻地、過疎地へのバスに貨物委託運送があるが、ここまで本気ではないだろう。

ソルセレでの乗り継ぎが悪く、数時間待ちとなる。ここはアンマルネスより少し大きいので、傷んでいるiPhone用のライトニングケーブルを探す。アンマルネスではまず売ってないだろうから、丸一日以上滞在するならバスの運転手に頼めば買ってきてくれるよ、とアイゲルト小屋のアンデルスさんが言っていた。Bussgodsよりすごいな。昔、京都市北部の山間地、花背にいたころ似たような話を聞いたことがある。40年も前のこと。。。電話にダイヤルがなく手回しハンドルが付いていた時代。。。

閑話休題。iPhoneのケーブル1本探すのに町の端から端まで歩いて、聞き回るが見つからない。駅裏の工場が散在するあたりに行けば、と言われるが、行ってみると人が歩いてない。バスステーション辺りには人がいるので、結局2往復。ふう。奥まったところの電子機器の修理屋さんみたいなところにあった。

駅横にインフォメーションセンターみたいなところでも尋ねようとしたが、時間になっても開かない。釣り人らしい人も待っていて、スウェーデン北部じゃこんなもんさ、って。北に来すぎると時間の流れは南国のそれと似て来るのか?

駅周辺をうろつくうちに、タイ・マットというサインの屋台が開き始める。パタヤ出身の店の主人も手伝いの若い男女も皆タイ人で、タイ・マットも春巻きもうまそ!北極圏カツカツ手前のスウェーデン北部でホンモノのタイの味。ブタとトリがあったが、よりスパイシーなトリを選んだ。もちろん春巻きも。

iPhoneのケーブル探してるうちに小さいソルセレのいろんなものを見て食べて、退屈はせず(歩き疲れたけどw)バスの時間になる。ヨックモックが終点じゃないので注意しないと。バスドライバーに知らせてくれるよう頼むが、途中でよく替わるので忘れられることも、、、。

ヨックモックに知り合いが居ると、馬頭琴ホーミーマンの岡林さんからメッセージ。ベース弾きでホステルもやってるって。もうちょっと早かったら、もうちょっとヨックモックで時間があったら、探して会いに行けたのに、、、残念!

1日がかりのバス移動の末、ヨックモックに着く。ユースとSTFホステル両方を兼ねていヴィラ・オスゴルド(HIとSTF二つのアフィリエイションなどのせいか、いろんな名前で検索に引っかかるので、正式名がよくわからん)に投宿。古い館で、確かにヴィラって感じ。建物は古いが中はとても綺麗に管理されてる。

受付のバートくんにトナカイ食いたきゃホテル・ヨックモックだけどちょっと高いよ。近所のピッツァ屋ならアラカルトもあるけど、トナカイはどうかな、でも安いけどね。と教えてもらう。ホテルへ行ってみるが、見るから高そうなので、レストランに入り口まで行って引き返し、ピッツァ屋さんへ。目は胃袋より大きいとか、、、小さいピッツァとトナカイの焼肉みたいなのを頼んだら、予想外の大きさのピッツァと巨大なマッシュポテトの山が付いたプレートが来てしまった。ウェイターのお兄ちゃんが訝しげな顔をしてたのは、そういうことだったのね!

明日のヴァッコタヴァレへのバスは早朝6時発なので早く寝る。