Day 29 photo / 0917

アビスコヤウレ⇒アビスコ

詳細テキストはこちら

昨夜泊まったアビスコヤウレは「山小屋(ストゥーガン)」と呼べる最後の小屋。Kungsledenの北端、アビスコまで道はあらかた下りで距離も短い。

黄葉した森を抜けるトレイルの眺めを楽しみながら歩いた。ブルーベリーも一杯食べた。。。かったが、アビスコが近づくにつれて人が多くなり道端のを摘んで食べる気がしなくなった。

みんな山歩きというよりピクニックか何かみたい。いままでみたいに一日に数人しかすれ違わないという状況ではなく、若者のグループがワイワイ喋りながら歩いていたり、イヤホンで音楽聴きながら歩いてる。挨拶しても見向きもしない人たちもいるしなあ。。。(別に、挨拶を強要するわけじゃないし、Kungsledenを独り占めしたいわけでもないけど、、、、)

アビスコの街からひと駅離れたところに山岳ステーション駅があり、めちゃめちゃ立派な山岳ステーションが建っている。その手前がKungsledenの終点。いや、殆どの人にとってはスタート地点となる。

終点のゲートに至る少し手前で、木立の隙間から鉱山のあるキールナから積出港のナルヴィクへ鉄鉱石を運ぶ長い長い列車が通過するのを見た時、旅の終わりを実感した。

2016-09-17-07-53-50-hdr

2016-09-17-07-54-34

 

2016-09-17-09-58-27

2016-09-17-09-58-39-hdr
この夏に新造された車椅子スロープ。他の山小屋にはなかった。 近々「エライ人」がヘリコプター来るので作ったのだとか、、、。バリアフリー化に反対ではないが、そういうのが理由ってのはなあ、、、
2016-09-17-10-28-16
振り返ると最後の山小屋アビスコヤウレストゥーガンが見えた。

2016-09-17-10-31-29

2016-09-17-10-33-22

2016-09-17-12-52-20
時々道幅が広くなり、トラクターか何かが通った跡が残る。STFの山小屋以外の小屋も木陰に見え隠れするが、このあたりの小屋への補給はヘリではなく、トラクターかスノーモービルでソリを曳いているのかも。。。少々興ざめ。

2016-09-17-11-27-24 2016-09-17-11-25-12

手の甲にトレッキングポールのストラップでタコができてる。。。2016-09-17-13-30-52

2016-09-17-13-52-26

2016-09-17-14-17-01

2016-09-17-14-17-57

2016-09-17-14-21-19

2016-09-17-14-35-58

2016-09-17-15-06-44panorama

2016-09-17-15-16-41

2016-09-17-15-20-37-hdr
Kungsledenの北端にあるゲート。映画Kungsleden(邦題:太陽のかけら)には出てこなかった。
2016-09-17-15-21-29-hdr
ゲートを出て、僕のKungsledenの旅は終わった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像を添付 (JPEG only)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください