Day 17 text / 0905

テントを畳み朝飯に小屋へ行ってはなしをすると、昨夜のオーロラを見たのはカメラマンのスイス人と僕だけらしい。変な時間に起きていたので、眠い。小屋番のクルト-イヴァンさんや他の客にさよならを言い、小屋を後にする。

しばらく行くと登りになるが、きつくはない。登りきったら高現状で、起伏の間に間に湖が点在している。ていうか、行けども行けども小さな湖が出てくる。昨日は大きい湖の中のしまじまをつなぐ橋をいくつも渡ったけど、今日は数え切れない数の、、、はおおげさか、、、始めから数えてないけど、、、起伏を超えるたびに、次から次に湖が出てくる。飽きることなく歩き続けられる。

後ろを振り返ると、昨日、雲で見えなかった南のシュッテルトッペンが見えている。すぐ隣にはどっしりしたピラミッド状の北の峰も。

今日は15kmをカバーするのだけれど、大きい登りが(っても百数十m)2度あるので、焦せらずノンビリあるく。昼飯を食べ終わった途端、今朝さよならしたクルト-イヴァンさんが歩いてくる。小屋番しなくていいの、と訊くと、朝と夕方以外は泊まり客が来ないので、休みなんだって。ちょっと先まで行って飯にしてるから、またあとで、、、と行っちゃう。しばらくして追いついて、また少し話し込む。彼はここで引き返し、僕はさきにすすまないと、、、。今頃?って感じだけどメアド交換して、記念撮影してお別れ。

最後の峠を越えるとき、シュッテルトッペンとその下に隠れて見えないけど、素晴らしいU字谷のシュッテルスカレットの方を見やる。目の前には昨日から遠くにかすんでいた、まるでヨセミテのハーフドームを鏡に写して裏返したようによく似た山が見えくる。Kungsledenはあの山の近くを通るのだろうか。。。

またそこら中にあるブルーベリーを食べながら歩く。写真撮ったりしてるうちに日が傾いてくる。今日中に着くんだろうか、、、地図を見たら、あとほんの2km。なんだ。。。

ここセルヴェストゥガン小屋の管理人はニルス(愛称 ニッセア)さんといい、クルト-イヴァンさんから、よろしく伝えてと言われてきた、と言うと、君が来るのは彼から電話で聞いてるよ、って。なあんだ!そういや、ミーアもマルガレータも緊急電話でだれかとおしゃべりしてたもんな、、、。

クルト-イヴァンさんが、ニッセアさんも元教師で野鳥についてはめちゃ詳しいときいている。夕食後、他に誰もいない食堂でしばらく、昨日と今日見たら鳥のことだけでなく、チェルノブイリや福島のこと、ダム建設反対運動がこうをそうして小屋の近くの川にはダムがいっさいないこと、、、などなど、いろんな話をする。彼は73歳だって。スウェーデン人の歳、わからん。。。

昨日今日と泊まり客がいないとのこと。ここで管理を9年やってるけど、こんなこと珍しいとか。そこに、めったに来ない日本人が、、、というわけで、話がおわらない。ていうか、小屋番さんたち、みな話好きだもんなあ、、、

あ、明日は20km歩くので、もう寝なくっちゃ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像を添付 (JPEG only)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください